スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAT TAX

今日の高速道路は混雑しているのでしょうか・・・?

高速道路の混雑具合よりも、心配なのが、飛行機。
燃油サーチャージの呪縛からも開放されて、より気軽に海外旅行に行きやすくなったのも束の間、飛行機での移動が怖くなる事態になるとは・・・・。

昨日、成田空港でのヘルスチェックを突破してしまった女性がいたらしいけれど、できるだけ安心に渡航したい・・・・。
そろそろ、ヨーロッパ出張の計画も立てなければいけない時期なので、行動派のフェニーチェも少し手をこまねいております。


さて、そんな中、あの・・・ライアンエアが新しい制度を導入したと聞きかじりました。

ライアンエアを、あのライアンエアと表現した理由を知りたい方はこの過去記事をご覧ください。

恐るべし!全席自由席の飛行機

ライアンエアとは、全ての無駄を省き、搭乗客の吸う空気以外は有料サービスにするなどして超低価格を実現したヨーロッパの格安航空会社。

で、このライアンエアが打ち出した新制度というのは

FAT TAX

言い換えれば

ぽにょ税


もしくは、

プヨ税


太っている人から罰金追加金を徴収して、その徴収金を元にしてさらに普通のスタイルの人の料金を安くしようという企画。いやいや、方針。



ニュースによると、シートベルトができないくらい、隣の乗客に不快な思いをさせるくらい太っている人が対象なんだとか・・・・。

この新制度はインターネット上で乗客を対象にしたアンケート調査に基づいて、リクエストが一番多かったこの問題に対しての対策だとのことですが、太っている人を差別している!という声も上がっているとか・・・・。


確かに・・・。


いやいや、でもね、ワタクシも決して痩せている訳ではありませんので、いつこの対象者に選ばれるようになるか分からないのですが、確かに、ワタクシよりは30キロ以上は『自肉』をつけている人は無料なのに、荷物が30キロだったワタクシのみが課金されるという現状に、冗談交じりのクレームを言った経験はございます。


肉ならいいのか?


そこで、ワタクシが考えた新制度を意味もなく発表
チェックインカウンターで、預ける荷物を載せるベルトコンベアのついた計量器があるじゃないですか。
あの計量器をカウンターでチェックインする乗客が立つ場所に仕込んだらどうでしょうか???

で、『自肉』+『預ける荷物』+『機内持ち込み荷物』の合計を測定する。
その合計が100キロ超えたら超過料金を払うってシステムはどうでしょう??

そうすれば、重いのは『自肉』なのか、『荷物』なのか分からないから差別はおこらないし・・・。
体重暴露という『ぷらいばしーの侵害』もないしね・・・・。

航空会社のお偉い様方、このフェニーチェの新制度いかがでしょうか?


『自肉』と言えば、ジムに通い始めて早や1ヶ月。フェニーチェのパンちゃんに、『えくぼ』が出来始めました。う~ん、腹筋が割れる前兆か・・・・
自肉の運び屋よりも、多くの荷物を個人輸入したい方も、そうでない方も、ついでのおつきあい1クリックはやっぱりお願いしたく・・・(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

たまに行くならこんな店 GWバーヂョン其の弐 熱海編

皆さま、こんばんは。

う~ん、怖い。豚インフルエンザ・・・・。

SARS騒ぎの時もそうでしたが、こういう時には、できるだけ空港には近づきたくない・・・。
いわんや海外をや・・・・。

しかし、そうは言っていられない方々、十分気をつけてくださいね。


さて、ゴールデン・ウィークはどっぷりドメなフェニーチェがお届けするお薦めドメ情報

本日は、熱海編であります。


ワタクシドモが熱海に行った日は、あまりの天気の良さにドライブに誘われ、何処に行くかも決めずに適当に車を走らせ、途中で箱根にでも行くか~と目的地設定。


東名高速に乗り、厚木で小田原厚木道路へ。
箱根ターンパイクなんかを通って山桜が咲いている山を堪能し芦ノ湖近辺でのんびり。
途中、うぐいすと会話をしつつ・・・・

って、うぐいすとは会話できるんですよ。

うぐいすの声を聞いたら、是非、ホーホケキョと口笛を吹いてみてください。

絶対にヤツらは鳴き返してきます。(お薦め度 控えめに←2フィンガー)

うぐいすは縄張り意識が強いみたいで、自分の陣地に近い所で他の鳥が鳴くと、自分が一番いい声で鳴くんだぜとばかりに、声を出して勝負を挑んでくるのであります。



閑話休題 



芦ノ湖から、なぜか修善寺に行きたくなり、修善寺へ。

修善寺は場所の名前。
修善寺にあるお寺は修禅寺。

ということを初めて知りました。

修禅寺とは、平安初期に弘法大師が開いたお寺。
珍しいことに、現在に至るまで、真言宗⇒臨済宗⇒曹洞宗と宗派が変わっているお寺。
きっと時代に翻弄された、もしくは何か政治的な背景がありそうな由緒あるお寺であります。

修禅寺のそばには、源頼家のお墓あり。

歴史プチ知識
源頼家ってのは、鎌倉幕府の3代目。頼朝の息子なんだけれど、なんと母親(北条政子)のお父さん、いわゆるおじいちゃんに殺されているのであった・・・。しかも、修禅寺に幽閉中にお風呂の中で・・・・。
頼家ってのは、今で言う、不良息子で、それを見かねたおじいちゃんが自分の手で始末をしてしまったという悲しい話・・・。
どうやら、頼朝が年いってから出来た息子だったみたいで、甘やかされて育った結果のよう・・・。


で、現在は改築中だけれど、湯ばあば(@千と千尋の神隠し)がいそうな古い温泉施設もあり。
でも、修禅寺の町全体が、本当に寂れてしまっていて、さびしい・・・・・。
射的場とか、昭和のたたずまいがそのまま残っているので、ホントに昭和にタイムスリップしたような感覚があるのだけれど、開店休業、お店をそのままにしてもはや誰もいなくなってしまっている店が立ち並んでいて、ホントに寂しい限り・・・・。

ワタクシが小学生の頃は、親と夏に行く旅行先としてはメジャーだったはず・・・。

そろそろお腹が空いてきたのだけれど、美味しそうな場所もなし・・・・。

ぐるなびのGPS検索などで探してはみたものの、めぼしいところを見つけることはできず・・・・。


意を決して場所変え。


なんとなく、美味しい店がありそうな熱海へ・・・・。

熱海もどちらかと言えば昭和な雰囲気の漂う観光地。

しか~し、波打ち際の散歩道がなんとなくヨーロッパ調。

sinsui-sky.jpg

調べてみると、熱海市が北イタリアのサンレモ市と姉妹都市であることから、地中海北部のリゾート地のイメージで整備されたと・・・。


熱海もサンレモのように音楽祭があるのか・・・・。


で、ぐるなびのGPS機能を再び使って見つけた美味しそうなレストランは

ア・ラ・プラージュ


本当にお薦めです 【お薦め度(←5フィンガー)】

熱海で獲れた魚介類、近隣の農家から仕入れている野菜、特にトマトの美味しさは抜群でした。

近海でとれた海の幸のカルパッチョ
ガスパチョ

この偶然にもチョで終わる2皿はチョーうまい。
チョで終わらないけれど、コンソメのジュレも絶品でございました。


このお店に来るためだけに熱海に来たいと思わせるほどの実力のお店でございます。
是非、お立ちよりを


熱海と言って思い出すのは・・・・。やっぱり熱海も昭和の雰囲気の観光地ですよね。昔ながらの観光地が再び盛り返すためには何が必要なんだろう・・・と悩んでいるフェニーチェ。ついでのおつきあい1クリックはやっぱりお願いしたく・・・(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



たまに行くならこんな店 ゴールデンウィークバージョン其の壱

皆さま、おはようございます。

今朝、ゆっくりとTVを見て改めて知りました。



今日からゴールデンウィーク?



あらら・・・・。
すっかり忘れておりました。

というのも、ここ数年、いやいや、この十数年、ゴールデンウィークとは無縁の生活をしておりまして、あんまり意識がありません。

逆に、ゴールデンウィークはどこに行っても混雑していると考えてしまうので、家もしくは事務所に引きこもり状態になってしまいます。
サービス業の一種であるためか、多くの一般の方々が休みでゆっくりする時の方が忙しくなったりするので、その代わりと言ってはなんですが、皆が忙しく働いている時にこっそりと休んだりしております。

なので、アウティングも平日。


空いている観光地は楽しめますが、土日の高速道路割引とは無縁・・・・。
まっ、一挙両得ってのも、贅沢すぎる感があるので、割引はあきらめ、『空いている』という方を選択。


というわけで、前置きがかなり長くなりましたが、ワタクシドモが平日こっそりと遊びに行った時に集めた『お薦め情報』をゴールデンウィーク・スペシャルとして、発表したいと思います


第一弾は、七年に一度のご開帳の年である善光寺!!

東京からは練馬インターから関越に乗って、約2時間半で長野インターに到着。

こちらは道路こそ空いていたとはいえ、善光寺境内はかなり混雑しておりました。
前立本尊様をお参りするのに要した時間は約30分。
ご開帳は5月31日までなので、恐らくゴールデン・ウィークはかなりの時間並ぶのは必死だと思いますが、並ぶ価値あり。
お薦め度は 【】(←5フィンガー)

善光寺は、日本最古の仏様をお祀りしている、日本を代表する霊場。
約1400年の歴史の間にどれだけの人々が、このお寺を頼り、願をかけたのだろう・・・・と考えると、それだけの『人の想い』が集まるヒーリングスポットのような気がします。

ご開帳の詳細情報はこちらから ⇒ http://www.gokaicho.com/

さてさて、実はここからが本題のフェニーチェ・ガイド(笑)
やっぱり、どこか地方に出かけたら、地元の美味しいモノを食すべし
善光寺の表参道には、お土産物屋さんや食べ物屋さんが立ち並んでいるので、かなり観光気分を楽しむことができます。

『お蕎麦』が名物なようで、お蕎麦屋さんが多く立ち並び、蕎麦粉で作ったお菓子もたくさん。
ワタクシドモは、おばあちゃん手作りの『蕎麦だんご』を買い食い。

さあて、どこで何を食べようか・・・と考えながらブラブラするのも一興。
あまり蕎麦通ではないので、お蕎麦以外のモノを探していると、おっと見つけたのが、他の店とは一線を画すアールデコ調の豪奢な建物。

それは、

藤屋御本陣

本陣とは、あの・・・・、水戸黄門が絶対に泊まらない、本来は大名が参勤交代の時に利用した高級ホテルの『本陣』。


いわゆるセレブ御用達ホテル


実際、加賀百万石の前田家藩主の定宿であったとのことで・・・・。

すごい。

歴史だ (この頃、ワタクドモは歴史オタクであります)

現在の建物は大正時代のアールデコ様式の建物。中は綺麗に、しかし、大正ロマンを感じさせる和洋折衷様式に改築されてます。
現在は宿泊施設ではなく、レストランやパーティールームとしてのみの営業のようですが、建物もインテリアもかなり楽しめるくつろぎの空間!

実際、レストランとは知らず、建物の中を見学しようと思って入ったらレストランで、思わず

『予約はしてないのですが、席はありますか?』

と、悩むことなく口走っておりました。

地元の美味しいモノを使ったフレンチ・イタリアンスタイルのミニコース。
いくらだったかは覚えてませんが、リーズナブルな値段だった記憶。

イベリコ豚と地物のフキ味噌を合わせた料理は絶品
その他にも、アンティパストというか前菜の盛り合わせ的なモノも、非常に丁寧に作られていて全てが美味しかった記憶あり。

(謝罪:レストランで写メする勇気のないフェニーチェをお許しくださいませ)

もひとつ特筆するべきは、長野のワインが美味しかったこと

長野産のブドウを100%使用した信州メルロー

shinshu_meruro.jpeg

本当に絶品でした
今まで、残念ながら美味しい日本のワインにめぐり合ったことはなかったのですが、この信州メルローは、フランス産に全然負けてないです。
ダース買いしたい逸品
お薦め度 【】(←5フィンガー)

頑張れ長野 


その他の観光スポット情報
戦国時代オタクにはハズせない、川中島の合戦跡地が長野インターと善光寺の間にあります。
そこには、恐らくボランティアのおじさん達が、歴史話をしながら案内をしてくれるという極上のサービス付き。そして、このおじさんに、我々が日常よく使う『ヤマ勘』という言葉は、あの、武田信玄の軍師である山本勘輔の山勘であるということを知りました・・・。


ゴールデン・ウィークは、東京以外のお薦めグルメ(笑)情報をお届けいたします・・・もちろん、おつきあい1クリックも引き続きよろしくお願いしたく・・・(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



ロックなタイ

皆さま、こんばんは。
前回のタイ記事の続きです。

というか、どうしてもこれを皆さまに見て欲しくて・・・・

奇跡の『タイのタイ』画像。

tie_4_convert_20090422210924.jpg


パンクのタイやっ!

お後がよろしいようで・・・・


さっさと仕事に戻りますっ!!

恥ずかしいついでに、おつきあい1クリックをお願いしてしまうフェニーチェ・・・(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



タイが食べタイ

皆さま、こんばんは。


タイトルからして、いきなり駄洒落・・・・。


タイといえば、クーデターが心配な今日この頃ですが、春といえば桜の季節。
桜の季節といえば、鯛の季節!


今日は大丸東京店の地下食料品で偶然見つけた逸品をご紹介いたします。


それは、真鯛のカマの干物

tie_1_convert_20090419235502.jpg


タイと言えば江戸っ子の大好物の魚♪
お刺身もタイ。煮物はカブト煮。
骨から良いダシも出るし、捨てる所がない!

ワタクシも江戸っ子のハシクレとしてタイがダイ好きでありまして、もちろん、正身も大好きなのですが、特にカブト煮が好き。
そう、カブト=頭であります。

ハイ、

目も頂いてしまいます・・・・


この真鯛のかまの干物。
カマしか入っていない・・・・。

カマって結構一番と言ってもいいほど美味しい部位なのです。
ホラ、動かす所が美味しいって言うじゃないですか。
魚のエラの部分だから動かすでしょ?
だから筋肉も発達しているし、ほんのり脂ものっている。

でも、カマしか入っていない。

だからなのか、3尾分入ってなんと驚きの600円 

きっとね、捨ててたんだろうと思います。
お刺身の柵を作るのに、3枚におろした後、ザックリと頭の部分を・・・。
じゃなきゃ考えらない・・・。

美味しい部分なのに捨てちゃモッタイナイねってどなたかが考えて作った商品なんだと想像します。

この頃はお魚屋さんってのが少ないので、お魚を買う時には、なるべく、お魚屋さんが入っている百貨店で買うのですが、カブト煮が食べたい時には、頭の部分だけ買います。(これも胴体部分に比べれば結構安い)
おカシラ付きのタイを買うのはさすがに、お財布的にも、その後の作業的にも大変だし・・・。


しかし、このカマだけ干物は初めて見ました!!
販売されているのは、

築地フレッシュ丸都さん

さすがに、この『カマだけ干物』はネットでは紹介されてませんでしたが・・・。


塩加減もちょうど良いので、10~15分ほどグリルで焼いて、美味しいエキストラバージンオリーブオイルをかけて召し上がれ!!

ワタクシはあまりに美味しかったので、1パック買った後に大丸さんに電話をし在庫を聞いてしまいました・・・。10パックしか在庫がないとのことだったので、5パック送ってもらいました。

買占め、買占め・・・・(笑)

しかし、ご安心ください。
また新たに入荷したみたいです!


で、カブト煮を食べる時の楽しみでもある『タイのタイ』探しもできます!

ん? 『タイのタイ(鯛の鯛)』をご存知ない???


鯛の鯛とはこれだ!
(ちなみに、これは今朝ワタクシが見つけたモノです)

tie_2_convert_20090420001530.jpg


鯛の鯛とは、魚の形をした骨のことなり!

もう少し詳しい説明は、いつものようにWikiにおまかせ♪

硬骨魚の肩帯の骨の一部であり、肩甲骨と烏口骨が繋がった状態のものである。この部位は主に胸鰭を動かす時に使われる骨であり、肩甲骨と烏口骨の両端で擬鎖骨に繋がった形でえら付近にある。肩甲骨には複数の輻射骨がくっついているが、これは鯛の鯛には入らない。

鯛の鯛において目の役目をする肩甲骨の穴は、胸鰭に繋がる神経が通っていた穴である。

基本的にほとんどの硬骨魚に存在するが、胸鰭をよく動かす魚ほど、烏口骨の張り出しが大きくなり、逆にコバンザメのようにあまり鰭を使わない魚では張り出しが小さい。また、ウツボのように胸鰭がほとんど使われない魚では、鯛の鯛は取れない。

鯛の中にあるもの、とりわけマダイのものが最も形が美しいのと、何れの魚の場合もこの部分はその魚ではなく鯛に似るためか、どの硬骨魚のこの部分も「鯛の鯛」と称する。但し「鰯の鰯」、「ヒラメのヒラメ」のようにその魚の呼称を重ねて呼ぶ場合もある。

しかしその場合でも「鰯の鯛」、「ヒラメの鯛」などという呼び方はされない。


ふむふむ、『イワシのイワシ』や『ヒラメのヒラメ』は見たことがないぞ・・・・。
Wikiは本当に役に立ちますね 


生産者や製造者や販売業者泣かせのむやみな値下げはデフレスパイラルを生む危険極まりない現象だと思っているフェニーチェも、こういう今までは捨てていたもので本当は捨てたらもったいないものを安く売るのには賛成ですっ!

しかし、3尾分で600円は安すぎます。
この金額の3倍分は楽しめる美味しさです!!

お近くでこのタイのカマを見つけたら絶対にカイですよ!!


良いモノを見つけた時って他の人にプレゼントしたくなりますよね。もちろん、この真鯛のカマの干物も・・・。分かる人には分かる極上の商品なのです!!分かる人だけに分かればいいのだ!!フェニーチェのお届けする商品たちも多くの分かる人の手元に届くことを望みつつ・・・今日のおつきあい1クリックをよろしくお願いしたく・・・(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



日本盲導犬協会に寄付しました

今年で2年目となるグイド・ゴビーノx有楽町阪急・大阪梅田阪急のコラボによる寄付チョコ。

AMORE PER TUTTI  恋人への愛の次に

と題して、売上の一部を寄付させて頂くというプロモーション。

guide_dog.jpg

今年は、

GUIDO GOBINO FOR GUIDE DOGS

というサブテーマに、財)日本盲導犬協会様に96320円寄付させて頂きました


残念ながら今年は、不況の影響か、寄付チョコの人気が振るわず、寄付金はちょっとだけとなってしまいましたが、この寄付チョコをお買い上げ頂いた方とワタクシドモの愛情が、何かの、そして誰かの役に立てれば幸いだと思っております。


そして、グイド・ゴビーノの寄付チョコのコンセプトにご賛同頂きました172名のお客様に心より御礼申し上げます。

寄付金の振込み書の控えもグイド・ゴビーノ HPにてご覧頂けるようになっております。



本年度のグイド・ゴビーノのオンラインショップはゴールデン・ウィーク前にクローズいたします。次年度向けの新しいチョコレートをゴビーノと一緒に頑張って考えますので、お楽しみにしていてくださいね。ついでの1クリックもよろしくお願いしたく・・・(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


アーティザン・ドゥ・ショコラのイースター

皆さま、こんばんは。
今日は久しぶりに仕事関連の記事です。
昨日の日曜日4月12日はヨーロッパではイースター。
日本語で言えば復活祭。イタリア語で言うとパスクア。

イースターとは、キリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念するお祭り(出典WIKI)。
問題なのは、イースターは毎年違う日なので、いつも苦しめられます・・・。

イースターは基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」←これも出典Wikiです

ヨーロッパでは、チョコレートの繁忙期はバレンタインデーよりも、このイースターであるため、ワタクシドモの大切なパートナーであるグイド・ゴビーノやアーティザン・ドゥ・ショコラはめっちゃ忙しい訳で相手にしてもらえません(笑)。

イースターと言えば、チョコレートエッグやチョコレートでできたウサギが贈られます。

そうそう、中にオマケが入ってる卵型のチョコレート。
あれは、そもそもイースター用のプレゼント商品。

そういえば、昨年は、ピニンファリーナが設計した超高級ペン立てがオマケに入っているグイド・ゴビーノの超大型イースターエッグもありましたっけ・・・・。


今年は、アーティザン・ドゥ・ショコラが面白いのです。
残念ながら、日本ではイースターをお祝いする習慣がないので、輸入はしていませんが、こんなかわいい商品があります。

easter42009.jpg

こんな奇抜な色をしたウサギ型チョコレートや

punky.jpg

パンキーダックというパンクのデザインが施されたあひるチョコ。

かわいい・・・・
(けれど、日本では認められていない着色料が使われているような予感もしますが・・・)


もう一つ、注目すべきはこれ。

bunnygirl.jpg

チョコレートの衣装を身に着けたバニーガール・・・・。
これはロンドンのセルフリッジ内にあるアーティザン・ドゥ・ショコラの店頭に飾ってあるオブジェ。
さすがのロンドンでも、生きたバニーガールのチョコレートコーティングはできなかったのか・・・と思うと残念ですが・・・・(笑)


そして本日、皆さまにご紹介したいのが、アーティザン・ドゥ・ショコラのショコラティエであるジェラルド・コールマンが書いているブログです。
さすがに、イースターで忙しいようで3月6日からアップデートされていませんが、ジェラルドの人の良さやイギリス風味のシニカルなコメントが笑えますので、是非。

Plainchocolate blog


そしてそして、アーティザン・ドゥ・ショコラから嬉しいお知らせです

6月の初旬にロンドンのノッティングヒルにアーティザン・ドゥ・ショコラが出店いたします!!
ロンドンにご旅行に行かれる方は是非チェックです!!


今日のフェニーチェ見聞録は久々のチョコレートの話題!鳥バカを支持して頂ける方もチョコレートマニアの方も、お付き合いの1クリックをよろしくお願いいたします(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



憧れのハシビロコウを見てきた!

皆さま、こんばんは。
週末はいかがお過ごしでしたか?

週末は高速道路は混むだろうからと、近場でリフレッシュして参りました。
行き先は上野。
葉桜になった桜の木の下でブルーシートを敷いている人々もちらほらいましたが、既にお花見は下火。でも八重桜は綺麗でした
そして、上野と言えば動物園。


はい、子供たちに混じって上野動物園ではしゃいで参りました。


なぜ、上野動物園に行きたかったといえば・・・・・
絶対に見たかったカレがいるから。

その名は


ハシビロコウさん


ハシビロコウさんを知らない貴方のために、Wikiの解説を。


エチオピア区に生息し、ウガンダ共和国のビクトリア湖周辺に見られる。ワシントン条約で国際取引が規制されている希少種。

体長約1.2メートル、体重約5キログラムの大型の鳥類である。巨大な嘴を持ち、獲物を狙うときは数時間にわたってほとんど動かないのが特徴。これは大きな図体で動き回り魚に警戒感を起こさせることを避けるためと考えられる。大型のハイギョ等を好み、ハイギョが空気を吸いに水面に浮かび上がる隙を見て素早く嘴で捉え丸呑みする。消化には数時間を要し、その作業に1日に消費するエネルギーの30%を費やす。

空を飛ぶのも得意で、両羽を広げた時の長さは約2メートルにもなる。



このハシビロコウさんの存在を、ワタクシがいつも見ているブログ今日もモテないで知ってからは、もう夢中・・・。


で、写メですが、ワタクシも撮って参りました。

hashibilokou+zenshin_convert_20090412234841.jpg


でかい・・・
かわいくない・・・

(注:フェニーチェ本人のことではありません・・・・・)


このハシビロコウさん、かなりの人気モノでありまして、カメラを構える人が多かったのですが、ワタクシもベストショットを狙うべく頑張りました。

hashibilokou1_convert_20090412235254.jpg


ハシビロコウさんは、全く動かない・・・・。
本当に動かない・・・・。

ヌイグルミか・・・・と思うほど。

しかし、なななんと飛ぶ姿を偶然見ることができました・・・。でも、あまり興奮したため、ワタクシは写メを撮りそびれました


飛ぶ勇姿の代わりにキュートな後ろ姿をお届けして、フェニーチェの鳥バカ日誌を終了いたします~。間抜けな寝癖のようにチョコンと立った後ろ髪にも注目!!

hashibilokou+back_convert_20090412235710.jpg


今日のフェニーチェ見聞録はハシビロコウさんの魅力満載!ぜひとも、ご褒美の1クリックをよろしくお願いいたします(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



エスカルゴ x かたつむり

皆さま、おはようございます。

ワタクシドモのスタッフを交えてご飯を食べに行った時のこと、笑顔のかわいい彼女から意外な「へぇ」知識を頂きましたのでご紹介。それは、


かたつむりの寿命


かたつむりはどのくらい生きると思いますか???


なんと8年。


1年くらいなんじゃないのか・・・と思ってたら、意外と長生き。


それはさておき、なんでそんな「へぇ」情報を知っているのかといえば、それは、


かたつむりをペットとして飼ったことがあるから・・・・。


名前は つむりん


近所で見つけたかたつむりを家に持ち帰って虫カゴで飼ったのだとか。
その際に、色々とかたつむりの生態を調べて、8年の寿命だということが分かったそうなんですが、その『つむりん』は、彼女の家で6年間の月日を過ごしたとか。

通常かたつむりは、冬眠するのですが、彼女の家は通年過ごしやすい快適な温度だから冬眠する必要がない・・・。それなのに6年も生きるとは・・・・。かなりのご長寿かたつむり。

毎日欠かさず霧吹きで水をかけてあげないと、貝の部分にヒビが入ってきてしまうそうで、旅行に出かける時などは、ダンナ様の部下の方に『つむりん』と霧吹きをセットで渡して世話を頼んでいたんだそうです。エライっ!(もちろん、『つむりん』を預かった部下の方も・・・・(笑))


で、その『つむりん』の話をしていたのはレストランですから、当然のごとく話はエスカルゴへ・・・。

今、日本の料理界では、エスカルゴの下処理ができる料理人がほぼ皆無なので、生きたかたつむりの取引はほとんどなく、下処理が済んだモノが取引されているんだそうです。

確かに・・・・。

イタリアのどこの町だったか忘れましたが、(確か、ウンブリア州だったような気がする・・・)、たまたま、小さな町で、地元の『かたつむり収穫祭』が行われていたので、そこで、どんぶり一杯の茹でかたつむりを食べたことがあるのですが、


くさい


じゃりじゃりする


残すのは申し訳なかったので、食欲のありそうなメンズに、お裾分けをしてその場を立ち去った記憶があります・・・・。


やっぱり、くさくなくてじゃりじゃりしないエスカルゴを作るには、全てを出させて体からドロを抜き去るなどの作業が必要なんだとか・・・・。


便秘のエスカルゴには要注意です。


あっそうそう、『つむりん』から得た情報では、かたつむりは食べるモノによっての色が変わるそうです。葉っぱを食べたら緑。いちごを食べたら赤。


素直だ・・・・。


かたつむりは陸に上がった貝で、なめくじとは別物。ってことも知ってました?ワタクシは、家持ちの『なめくじ』が『かたつむり』に出世するんだと固く信じておりました・・・・。
もひとつ、へぇ情報をひけらかすと、イタリア語で@(アットマーク)のことを『かたつむり』と呼びます。今日のフェニーチェ見聞録は使えないへぇ情報満載!ぜひとも、ご褒美の1クリックをよろしくお願いいたします(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


イタリアの大地震

皆さんも既にご存知だと思いますが、4月6日イタリアの中部で大地震がありました。

日本に来日するイタリア人の多くが地震というもの自体に慣れていない人が多く、日本人が無視するような震度1~2くらいの地震でも、恐れおののいている人が多かったことを思い出だします。
1995年の阪神大震災と比べて、今回のイタリア中部の地震のエネルギーの大きさは8分の1程度。しかし、絶大な被害になった原因は震源が浅く、断層が大きくずれたためであるらしいです。

読売オンライン

地震の被害による死者が207人に達し、行方不明者は15人、負傷者は178人に達しているとのこと(日本時間7日22時現在)。


最初、日本のTVニュースで一報を聞いた時には、ローマ近郊で起こったとのことだったのですが、ローマ近郊というよりも、イタリア半島の東側、アドリア海側、分かりやすく言えば、イタリアブーツの『ふくらはぎ』に当たる場所、アブルッツォ州の『ラクイラ(L'ACUILA)』という場所で起きていました。

ワタクシはアブルッツォ州には全く縁がなく、行ったこともないのですが、ちょっと調べてみました。

ラクイラ(L'Aquila)はアブルッツォ州の州都で、1254年に都市として創建された古い町。
<ちなみに、アクイラとは、『ワシ』という意味で、英語のTHEにあたる定冠詞(LA)がついて、L'AQUILA。>

79px-LAquila-Stemma.png
ワシがデザインされた
ラクイラの紋章

16世紀に建てられたスペイン様式の城砦、ロマネスク様式のサンタ・マリア・ディ・コレマッジオ聖堂、ルネサンス様式のサン・ベルナルディーノ聖堂、中世に作られた99の水管をもつ噴水などが有名な史跡であると・・・・。(Wikiで調べました)

イタリアのニュースによると、歴史的な建造物も、新しく建てられた耐震仕様の建物もかなり倒壊しているようで、ラクイラ県にある小さな町々は、本当に大変な状況になっているとのことでした。

アブルッツォに住んでいる友人はいないのですが、一番近いラツィオ州のモンテフィアスコーネに住んでいる友人によると、ローマまでは地震の揺れは感じられたらしいとのこと。

麻生総理もイタリアにお見舞いの電報を出したようです。イタリアよりも地震の多い日本。日本の救援技術が何らかの助けになればいいのに・・・と思っています。

TG.COM


違うニュースによると、地震発生前、現地の地震学者であるラクイラ在住の元国家原子力研究所職員、ジャンパオロ・ジュリアーニ氏が「大地震が来る」と当局に上申していたらしいのです。ジュリアーニ氏は、自家用車のスピーカーで住民に避難を呼びかけたが、「パニックを広げる」と市から自粛を求められていたと・・・・。

ジュリアーニ氏は地下の岩盤から放出されるラドンガスの量で地震を予測する仮説を提唱していて、その持論に基づいて、今年2月、ラクイラ市に「住民の避難」を呼びかけていた。しかし市は騒乱を引き起こすと、警告を続けるジュリアーノ氏のホームページを閉じるよう命じていたんだとか・・・。

ラクイラでは、実際、1月中旬から約200回におよぶ微震が確認されていたらしい。


難しいですよね・・・。注意を呼びかけることと、パニックを避けること。今回、日本は北朝鮮のミサイル騒ぎで、誤報やらも含めて、報道のあり方と報道の捉え方を学んだような気がします。
間違った情報に右往左往してパニック状態に陥ってしまうことは非常に怖い。しかし、逸早い情報で注意を喚起することは最も重要。。。


しかし、とにもかくにも今は、倒壊した建物の下敷きになって苦しんでいる方々が早く、発見され、生還されることを祈ってます。

人気ブログランキングへ




フェニーチェの腹筋が割れるまでの道 其の壱(不定期連載)

4月といえば新しいコトを始める月であります。

そして、ワタクシドモは会社でジムに入会。
年とともに衰えゆく身体を鍛え直して、来るべき来期のチョコレートシーズンに備えようではないか・・・・というのが会社としての趣旨。

個人的には、昨年の11月に突然の腰痛で寝たきり状態になってしまった経験から腹筋と背筋のバランスを鍛えて腰痛を予防しようというのが第一の目的。
そして第二の目的は、不屈な笑みをたたえつつ・・・


腹筋を割る!!


個人的にワタクシをご存知の方々、今、笑いましたね??


ん~、かなり笑われております。この目標。

マシーンで腹筋を鍛えていたら、ある日突然、モーゼの十戒のごとく、珍島物語のごとく、海が割れるように、ふつふつとワタクシのお腹が割れていく・・・・・

夢・・・・ であります。

ワタクシのお腹、今は『パンちゃん』というあだ名で呼ばれております。

何故に『パンちゃん』かと申せば、

イタリア語でお腹のことを『パンチャ』と言います。
イタリア料理通の方は、恐らくここで、『パンチェッタ』を思い出すことでしょう。
そうそう、『パンチェッタ』とは、塩漬けにしたバラ肉のこと。(燻製にしてないベーコン)


まさに、カルボナーラなどは共食いでございます・・・・


このワタクシ、『パンちゃん』とお別れする日が来るのでしょうか???

モーゼにも不可能な奇跡なのでありましょうか・・・・?


自分の努力の成果は見せびらかしたい、ひけらかしたい子供なフェニーチェは、きっとモーゼのお腹になったら見せびらかすと思われます・・・。やっぱりヴィジュアル系やるなら『パンちゃん』じゃダメよね・・・。きっと道半ばであきらめるだろうと思うクールな貴方も、応援したい貴方も、おつきあい1クリックをよろしくお願いいたします 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




お江戸のお花見と下町グルメ

皆さま、こんばんは。

金曜日、一生懸命お仕事を終わらせ、お花見に行ってまいりました。
その名もお江戸のお花見ツアー。

まずは浅草に行き腹ごしらえ。
実は、ワタクシ、子供の頃は祖母や祖父によく浅草に連れて行ってもらっておりまして、浅草の美味しいモノ屋さんは、幼少の記憶を掘り起こすと、名前がポコポコと浮かんで来るのであります。

何故に浅草によく連れて行ってもらったかと言うと、祖母は日本舞踊のお師匠さんで、お稽古に使うレコードを買いに来たり、お扇子を買いに来たりというお買い物のお供。
祖父は昔の歌手(笑)で、歌舞伎の後ろで歌ったり、踊りの発表会のバックで歌ったり・・・。なので、踊りの発表会のメッカであった浅草公会堂に出演する時に連れてきてもらってました。

いやいや、浅草は新しいビルが立ち並ぶようになり、ずいぶんと綺麗になってしまってますが、『昭和』の濃い香りが残ってますね・・・。
そうそう、祖母の行きつけのレコード店、『宮田レコード』もちゃんと残ってました。(販売している商品はレコードからCDに変わってしまっているだろうけど、店の外側のウィンドウには、見たことある人からない人まで演歌系の方のポスターがズラリ・・・。
今でも『宮田レコード』では、祖母が買っていた清元やら長唄のCDを置いているのだろうか・・・?

小さい頃は、観音様にお参りをした後、麻鳥で『釜飯』を食べたり、梅園の『あわぜんざい』を食べたり・・・。ん~、懐かしい。忘れてならないのは、小さい頃に連れて行ってもらうと小躍りをして喜んだケーキ屋さんの『アンジェラス』。今もちゃんと残っておりました。

店名は忘れてしまったけれど、確か、浅草公会堂の近くに美味しい『ビーフシチュー屋』さんがあったはずだ・・・という記憶をたどり、その頃連れて行ってもらっていた店かどうかは分からないけれど、『ぱいち』という店に入ってみました。

『ぱいち』は、いわゆる昔の洋食屋さんで、昭和の始め頃に創業した現在3代目のお店。
『ビーフシチュ』ーと『タンシチュー』は熱々の鉄鍋の中に入ってくる絶品!!
ルーは4日間かけて煮込んで作るんだとか・・・・。

『うまいっ!』の一言!!!

日本のいわゆる『洋食』って、すっばらしいと思ってます。日本人の『改良』の技・・・・。
シチュー、カレー、エビフライ、コロッケ、グラタン・・・って、恐らく、日本が開国した後にイギリスやらフランスから持ち込まれた料理を当時の日本人が日本人の好みの味に改良していったものだと思いますが、絶対に、オリジナルを超える美味しさに仕上がってると思うのです。

イギリス育ちのパートナーに言わせれば、イギリスのカレー、いわゆる欧風カレーは、『水っぽいカレースープ』で全然美味しくないと・・・・。

洋食は、和食とともに日本が誇る食文化だとフェニーチェは思うのであります!


閑話休題


ビーフシチューを堪能した後、目指すは隅田公園。
隅田川の川風にあたりながら、行きかう屋形船のを見ながらのお花見は絶品。
そこでワタクシドモ思ったのでありますが、屋形船のちょうちんは絶対赤がいいなと・・・。
赤い光と桜の花。
桜の花が妖艶さを増し、さらにきれいになると思うのですが、全国のさくら祭りの実行委員会の方々、来年のライトアップは白い光ではなく、赤い光で照らしてはいかがでしょうか?(笑)

隅田公園を散歩した後は、再び車に乗り込み、上野公園へ。
上野公園は隅田公園より花見客が多いだろうと、ちょっと避け、不忍池の方へ。
こちらはブルーシートを敷いた宴会客が少ないので、やや静かめにお花見ができるのでお薦めです。

弁天様の縁日の屋台でなぜか『わたあめ』を買い、堪能・・・・。
『わたあめ』 うまいっ!

『わたあめ』を発明した人は誰なんだろう????
尊敬します。


そして、千鳥ヶ淵と靖国神社・・・。
千鳥ヶ淵はライトアップされていたのですが、あまりの混雑のために車から降りるのを断念。電車がなくなる頃にまた戻って来ようと思いつつ、小石川へ。

小石川の桜並木は、ご近所さんしか知らないスポットだろうと思うので、そんなに人ゴミに襲われることなく桜を堪能。

その後、あっそうだと思いたち、駒込の方へ車を走らせる。
実は、駒込の方に、昔 『染井村』という村があり、そこの植木職人が品種改良をして『染井吉野(ソメイヨシノ)』を作ったという、いわば『ソメイヨシノ』発祥の地があるのであります。
染井墓地は、水戸徳川家のお墓がある由緒ある霊園で、約100本のソメイヨシノが植えられております。

そして、もうそろそろいいかな・・と思い、千鳥ヶ淵へ戻る。
ライトアップは10時で終了してましたが、人が少なくなった千鳥ヶ淵をお散歩。
いやいや、本当にきれい。
お堀をはさんで向こう側とこちら側の桜。暗かったけれど、堪能できました。
しかし、水辺の桜の枝はなぜ上に伸びないで、水の方に向かって下に伸びるのでしょうか?

やっぱり千鳥ヶ淵と靖国神社の桜ははずせない・・・・。
そして、靖国神社の屋台は12時に撤収するということも知り、桜ツアーは終了。

この季節は本当に日本人に生まれてよかった!って思います。


お花見は大好きだけれど、桜の木の下にシートを敷いて繰り広げる宴会は、どうしても馴染めない・・・ 

世の中に絶えて宴会花見のなかりせば花見の心はのどけからまし・・・

宴会派の貴方もまったり派の貴方も、おつきあい1クリックをよろしくお願いいたします 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




外はサクッと中はトロ~っと・・・

皆さま、やっと桜の花も見ごろになって参りました(@東京)。
明日からはもっと暖かくなるとのことだから、ぱ~っと満開に近づくでしょうか??

年に1回の楽しみです・・・・・。


さてさて、今日は、日本人の好きな食感について。

TVのグルメ番組(最近はそれこそほとんどの番組で食べ物のことを特集しているけれど・・・)や雑誌記事に載っている『食べ物』に関するコメントやら感想のトップは恐らく


やわらか~い!

 
とか


口の中でとろける~!


だと思われます・・・。


いやいや、本当に日本人は柔らかいモノが好きなんですよね・・・。きっと。
歯がなくてもきっと日本では暮らしていけそうな気がする・・・。(冗談です)


ワタクシの家の近所にある、町のごく普通のパン屋さん。
硬いパンが一切ない・・・。
フランスパン(しかし何故フランスパンって言うんだろ?)の類も、朝一には焼きあがっていないし、とっても数が少ない。


キワモノの日本人なのか、ワタクシは硬いモノ好き。
硬いというのか堅いというのか固いというのか・・・それとも、『噛み応え』があるというのか?


ワタクシが好きなのは

パリッよりもバリッ。
フワッよりもシッカリ、ズッシリ。


特にパンが物足りないわけなのであります。

パンの生地が、『目が粗い』というか、フワフワというか、『小麦粉』というより、『膨らし粉』が際立ってるというか・・・・潰すと、すぐに潰れてペチャンコになる。

え~っと、チェーン店のコーヒー屋さんが出している、イタリアの都市が名前についているサンドウィッチ(こういう書き方はまどろっこしいけれど・・・・、分かります?)、出たて(10数年前か・・・)は結構好きだったのですが(特に生ハムのヤツ)、最近、久しぶりに食べて、パンが柔らかいパンに変わっていて非常にショックでした・・・。しかし、ワタクシのような固いパンが好きな人が少数派なのかもしれないので、それは仕方ない・・・・。

その代わり今ハマっているのは、メゾンカイザーのサンドイッチ。
生ハムとブリーチーズをバゲットにはさんでもらって焼いてもらう。
何が好きかと言えば、パンがしっかりと固い。結構大きくて食べごたえがあるので、最後まで感触すると『あご』に違和感を覚えるほど・・・・(相変わらず大袈裟)。

贅沢を言えば、生ハムとオリーブオイルを変えたい・・・・。

と言ったら、パンだけ買って自分でサンドイッチを作れとたしなめられました。

確かに・・・・。


パンだけでなく、その他のモノも、日本はやっぱり柔らかいモノが多い。

ワタクシが大好きなイタリアのお菓子のトローネ。
あれも、固いモノは日本ではウケないよ・・・と輸入事情通の方にアドバイスされてあきらめた経験もあり。
あの固いトローネを歯が欠けるのを覚悟でバリバリ食べるのが快感なのですが・・・。


それで思い出したのが、何人かのイタリア人の知り合いに薦めて、『嫌な』顔をされたのが『お餅系』。いわゆる、日本人の好きな粘り気のあるもっちり感が、ウケなかったんですよね・・・・(もちろん100%ではありません)。
食感もお国によって違いがありますね~~。



今日の題名にした、日本人の大好きな『外はサクッと中はトロ~っ』と。
大きな声では言えませんが、カブト虫の幼虫を焼くとそんな状態になるそうです・・・。香ばしく焼けた皮はパリっと、中はクリーミーなピーナッツバターのようだとか・・・。かなりの人気スウィーツになる可能性を秘めているような気が・・・しませんね。失礼いたしました バリバリ好きの方もフワフワ好きの方も、おつきあい1クリックをよろしくお願いいたします 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



今日から新しいランキングにも参加してみました♪

エイプリル・フール♪

皆さま、今日はエイプリル・フール
素敵な嘘をつきました?

さて、ワタクシは今年もやりましたよ

去年は、♂♂カップルのプリシラとエルトンの籠の中に『卵』を置いて撮影した写メを送り、

『衝撃、プリかエルのどちらかはオスではなかった~~~~』

という題名でメールを送りました。

一瞬、え~~~!っと驚くけれど、しか~し、よくよく写真を見ると、卵はオカメの卵にしては大きい。鶏の卵だったか・・・????という点に気づいて、今日はエイプリルフールだということに気づく・・・。


さて、今年もメール作戦。

こんなメールを送ってみました・・・。


==========================================
FW: 【出場決定のお知らせ】NHKのど自慢 ご応募ありがとうございました。

のど自慢の予選に出ることになったよ!
皆で応援に来てね♪

----- Original Message -----
From: "NHKのど自慢事務局" < nodojiman@nhk.co.jp >
To:
Sent: Thursday, April 1, 2009 10:30 AM
Subject: 【出場決定のお知らせ】NHKのど自慢 ご応募ありがとうございました。

>数多くのご応募頂きました中、厳正なる書類選考の結果、
>貴殿は東京大予選会へのご出場が決定いたしましたので
>お知らせいたします。

> 下記の通り受付をさせて頂きましたので、ご確認ください。
>
> 入力の間違え等ございましたら、下記連絡先まで電話にて
> お問い合わせください。
>
> 「曲名」 天城越え 石川さゆり
> 「お名前」 ○○○○

> ※大予選会のご確認は下記URLよりご確認ください。
> http://nodojiman.yosen-tokyo.nhk.co.jp/
>
==========================================

もちろん、上に書かれているアドレスはフェニーチェが作った偽者のアドレスなので、のど自慢に出場したくても、ここにメール送らないでくださいね。

来年はもう少し、スケールの大きなジョークを考えなければ・・・・。

そして、上のメールを受け取ってしまった方々、大変失礼いたしました!!もちろん嘘です。笑って許してね



『バヴィ』は演歌系じゃなくヴィジュアル系なんじゃなかったのか・・・?という疑問をお持ちになった方も、そうでない方も、新年度初のおつきあい1クリックをよろしくお願いいたします 
  ↓ ↓ ↓



みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。