スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア展限定商品のこと

【遅ればせながらの事後報告シリーズ これも不定期】
今年の春のイタリア出張の際に、イタリアでレンタカーが借りれなかった事件で、出かける時には忘れてはいけない『ア○リカン・エ○スプレス』を通じてと、仲介のイギリス系旅行会社を通じて、前払いをしてしまっていたレンタカー代金を取り戻そう!大作戦が先月やっと解決され、お金が戻って参りましたことをご報告いたします
いやいや、すっかり時間が経ってしまっていたので、ワタクシもすっかり忘れておりましたし、旅行会社からも何の連絡もなかったのであきらめていたのですが、知らない間に解決されておりました

一件落着

さてさて、こちらもすっかり遅くなってしまいましたが、新宿伊勢丹でのイタリア展での限定スイーツについての続報【クッキー編】でございます。

最もお薦めなのは

chiocciola_piccola.jpg

名づけて

キオッチョラ

キオッチョラとは、『かたつむり』
そして @ ←アットマーク のことも意味します。

その理由は簡単。
ぐるぐる巻きだから・・・・・。

ネーミングは安直だけれど、このクッキーは驚くほどウマいのであります

ぐるぐる巻きのクッキーはカカオパウダーを利かせたクッキーで、そしてちょっと塩味。そして、中にはさんであるクリームが、なんとマキシモをベースとしたクリーム・・・・。
甘すぎない濃厚なジャンドゥーヤとちょっと塩味のあるクッキーのコンビネーション。

maximo_small.jpg
   ↑マキシモ

あなたもノックダウンされること間違いなし

そして、ゴビチョコを使ったクッキーの2番手はゴビーノ・ビスコッティ。

biscotti_piccola.jpg

イタリアのクッキーと言えば、ビスコッティ。
正直、ビスコッティはピエモンテ州のチョコレートではないのですが、日本人に馴染み深いイタリアン・クッキーの代表として取り入れました。
しか~も、グイド・ゴビーノが自らローストした選りすぐりのヘーゼルナッツと、大人気のジャンドゥイオッティ・アル・カフェがゴロゴロと入っていると聞いたら、放っておけないでしょ?

caffe_small.jpg
  ↑アル・カフェ

そして、最後は、ゴビ・チョコではないけれど、グイド・ゴビーノが使っているヘーゼルナッツをふんだんに使ったクッキー。

実は実は、この頃巷で流行っているブールドネージュ。これにめちゃめちゃハマっておりまして、このブールド・ネージュを最高級のヘーゼルナッツで作ったらどんなに美味しくなるのか・・・・と想像していたところ、こんなに美味しくなりますというのを実感できた作品。

名前は、ヘーゼルナッツのキスという意味で

バッチ・ディ・ノッチョーラ

と命名

baci_di_nocciola_small.jpg

アニス風味の大人の味とプレーンの2種類をミックスしました


おっと、忘れてはいけないのがもう一つのケーキ。
以前紹介させて頂いたサッケルはイートインのみ。
こちらは、テイクアウトのみのケーキ、GGパウンドでございます。

chocolate_pond_cake_piccola.jpg

パウンドケーキって、イタリアではなぜか『プラムケーキ』と呼ばれているのです。(プラムが入っていなくても・・・)
で、パウンドケーキは何故パウンドケーキと呼ばれるかといえば、イギリスで1パウンド(重さ)のケーキだからパウンドケーキというらしいと知ったのはつい最近の出来事。
まあ、名前のうんちくはどうでも良いのですが、このパウンドケーキの何が優れものかといえば、

ケーキの生地にベネズエラ産カカオ70%使用のチャルディーネがたっぷりと使われ
cial_oro.jpg


そして、ジャンドゥイオッティのトリノットがゴロゴロと入っていること
tourinot_small.jpg


グイド・ゴビーノ・カフェ@イタリアフェア伊勢丹新宿店のネタばらし(笑)はこんなところでしょうか?
おっと、忘れてはならないのが肝心のチョコレート本体。もちろん、チョコレート本体の方も、今回のイタリア展初の商品をご用意しております。。そのお話は近日中アップいたします、と強気でお約束しつつ、本日も恒例の応援クリックはお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

TOKYO FINAL WEEK SPECIAL@トリノ・エジプト展

【不定期シリーズ】 イタリアン小話
イタリアで日本語を頑張って勉強しているロベルタとの会話。

ロベルタ:   東京みたいな大都会でもペットを飼っている人はいるの?

フェニーチェ: 犬や猫を飼っている人は結構いるよ~。

ロベルタ:   フェニーチェも何かペット飼ってるの?

フェニーチェ: 鳥を飼ってるよ。小さいインコと大きいインコ。 (と写メを見せる)

ロベルタ:   わ~!かわいい!!

フェニーチェ: でしょ~!しかも、しゃべるよ~。

ロベルタ:   え~!まじ?日本語?



閑話休題



トリノ・エジプト展も残すところ今日をいれて9日!
(ちなみに、来週の月曜日は休館日です

お陰様でというか、(心のどこかでは申し訳ない気分ももちろんありますが・・・・)、1日100個限定で販売させて頂いている

『トリノ・エジプト展』東京都美術館限定
アンクBOX


ank写真

(ちなみに、『死者の書』をモチーフにしております・・・)

も、売り切れる日が続出・・・・。
特にシルバーウィークは暑さを吹き飛ばすほどの売れ行きだったので、限定商品を増やし、アンクを買って頂くことができなかったお客様へのせめてもの気持ちとして、ファラオを型どったミルクチョコレートの『ファラオーネ』を1日限定30個だけスペシャルプライスで販売しておりました・・・・。

faraone.jpg
(写真の質がイマイチ・・・)

そして、あと残すところ1週間・・・・。
TOKYO FINAL WEEK SPECIALと謳いまして、 このファラオーネを再び特別価格にて販売させて頂きます

このブログを前から読んで頂いている方はご存知だと思いますが、ゴビーノのミルクチョコレートは美味いのであります。

だいたいミルクチョコレートというと、ちょっと臭い。
そしてカカオの味が全然しない・・・・。

でも、グイド・ゴビーノは違うのであります。

何が違うか・・・
それはもちろん原料のカカオ。
あの、チャルディーネ・ゴールドで使っているベネズエラ産カカオを15%
cial_oro.jpg

そして、チャルディーネ・オレンジで使っているジャワ産カカオを10%
cial_rame.jpg

だから美味い・・・・。

あっそうそう、忘れてならないのは、美術館だけでの販売のオリジナル商品のTシャツ。
これが結構人気・・・。
実は、このTシャツは、スタッフ用のスタジャンならぬスタT。
グイド・ゴビーノ@トリノ・エジプト展のトレードマークとして考案したスカラベをモチーフにした、自分で言うのもなんですが・・・かなりイケてるTシャツです。
そして、材質にも結構こだわったので、洗濯にも強いしノビなく優れもの・・・・。

今日はイタリア展限定お薦めスイーツの話を書こうと思ったのに、すっかりトリノ・エジプト展一色となってしまいました・・・明日頑張って更新します、いやしようと思います。いや、したい・・・・・だんだん弱気になりながらも、恒例の応援クリックはお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




新宿伊勢丹のイタリア展で食べられるモノ

【不定期シリーズ】 人のフリ見て我がフリ直せ

朝起きた後すぐの歯磨きで、歯磨き粉と間違えて洗顔料を歯ブラシに付けてゴシゴシしてしまった方はかなりいらっしゃるはず・・・。(不思議なことに、その逆はあまりない・・・)
あの口の中がブクブクになるイヤーな感じはなかなか忘れることができません。
しかし、もっと危険な間違えがあることを発見。
入浴中に顔を洗おうと思って、立ててあるチューブをオモムロに手に取り、ニュッと手の平に絞り出し、泡立てたところ、妙に泡立ちが悪い。
ハッと気づくと手にしたのは、脱毛クリーム(シャワー中にも脱毛できるというTVCMで宣伝しているヤツ)。危ない危ない。もう少しでマユゲとマツゲを失うところでした。
皆さまお気をつけあれ


閑話休題


本日は、新宿伊勢丹のイタリア展のグイド・ゴビーノ・カフェだけでしか食べることのできない、そしてイタリア展でしかお求め頂くことができない特別商品のご案内です

まずは

GG サッケル

ザッハ・トルテの発祥の地とされるイタリア・トリノでは『サッケル』という名前で親しまれているチョコレートケーキ。生地の部分にはベネズエラ産カカオ70%のチョコレート(チャルディーネ・ゴールド)をふんだんに使用、グラサージュにはジャワ産カカオ70%のチャルディーネ・オレンジとベネズエラ産カカオとジャワ産カカオを使ったミルクチョコレートのチャルディーネ・ピンクを使用した、贅沢で濃厚なチョコレートケーキなのです・・・。トップにはキャラメリゼしたピエモンテ州産IGP指定のヘーゼルナッツも乗っています
残念ながらお持ち帰りはなし。イートインのみです。

ザッハトルテ好きの方には、是非召し上がって頂きたい逸品。(ちなみにワタクシはノックアウトされました)


そして、テイクアウトコーナーでの本日のお薦めは、なななんと

究極のチョコ・バナナ

choc_banana_02_piccola.jpg

その名も、フェスタ・ジャポネーゼ (←訳すと『日本のお祭り』)

冗談のような本当の話です。

お祭りの屋台メニューで、恐らく食べたことのない人はいない・・・(?)チョコ・バナナをゴビーノのジャンドゥーヤで作ったらどうなるか

乞うご期待なのであります。

ミルクを使ったジャンドゥーヤのトリノット

tourinot.jpg

を牛乳で溶かし、チョコレートフォンデュの状態にしてバナナにコーティング。

グイドと調理方法を考えていた時に、最初は液体窒素で瞬間冷却しようと思っていたのですが、百貨店の催事場では危険物を取り扱うのはヒジョーに困難。それで、屋台のように、チョコレートはパリパリに固まらないのですが、もっと美味しくする方法を考えついたのでありますっ

どんな方法かですって
新宿伊勢丹に来て頂ければ分かります・・・・・

そして、こちらもヘーゼルナッツをトッピング。

当然のことながら、こちらもサロンドショコラでは絶対に食べることが出来ない逸品。
イタリア展のみのお祭りメニューです


そうそう、忘れてならないのが、イタリア展ならではの販売方法として、

チョコレートの量り売りを行います。
いつものアソートボックスではなく、できるだけ、お得にたくさんゴビーノのチョコレートをお買い求め頂きたく・・・・。なので、ご自宅でこのチョコバナナが作りたいという場合でも、トリノットを100gお買い求め頂ければ、かなり楽しめるのであります


次回の更新ではテイクアウトのクッキー類のご紹介いたします

トリノ・エジプト展のグイド・ゴビーノショップもお陰さまをもちまして大人気です 昨日はブログを読んで頂いている方ともお目にかかることができ(Kさんありがとうございますっ)嬉しい偶然。ワタクシも1日に1回はショップに現われておりますので、もし偉そうな顔をしたデカい女をお見かけの際は声をかけてくださいね!そして本日も、恒例の応援クリックをお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




ビチェリンとは???

新宿伊勢丹のイタリアフェアで提供させて頂くビチェリンとは???

荒川静香さんが金メダルを獲得した地であるトリノは、独特のカフェメニューがある街でもあります。
そう、何しろ、有名なコーヒーのブランドラバッツァ本社のある街でもあるし・・・・。

街の中心部には、カフェ・トリノを始めとする豪華絢爛の装飾が施された歴史的なバール(喫茶店)もたくさんあります。

トリノ独特のカフェメニューの中でも一番人気なのがこのビチェリン。

BICERIN.jpg

(こちらはあくまでもサンプル画像であり、グラスは違うものになります~)


なんと、エスプレッソとホットチョコレートと泡立てたミルクが一度に味わえるもの。

そう、ス○ーバッ○スのカフェモカの原点か・・・・・???

カフェモカと違うのは、コーヒーとホットチョコレートとミルクがきれいに3層になっていること。

そして、グイド・ゴビーノのビチェリンが美味しいのは、チョコレートが美味しいから・・・・。


現地のビチェリンとより近いモノを日本で提供させて頂くために、ラバッツァ(片岡物産)様のご好意でコーヒーとマシーンをご提供して頂いております。
なので、現地価格に近い価格も実現することができました


前回も申し上げましたが、トリノ・エジプト博物館の斜め前にあるグイド・ゴビーノの新しいチョコレートショップで働くラファエロ君も来日。彼がビチェリンを作ります
(もちろん、手伝うのは日本人スタッフですが・・・・)

グイド・ゴビーノ・カフェ@新宿伊勢丹では、ビチェリンを味わって頂けるだけでなく、ラバッツァのエスプレッソとグイド・ゴビーノのチョコレート。そして、グイド・ゴビーノのチョコレートを使った幻のチョコレートケーキ『GGサッケル(サッケルとはザッハトルテのイタリア語バージョン)』をご提供いたしますのでご期待ください


次回の更新では、その幻のチョコレートケーキ『GGサッケル』をご紹介させて頂きますのでご期待くださいと申し上げつつ、早めの更新もお約束しつつ、本日も改めての応援クリックをお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






グイド・ゴビーノ@新宿伊勢丹のイタリア展のちょっとしたお知らせ

今日は金曜日。

上野の東京都美術館で行われているトリノ・エジプト展が8時までオープンしているスペシャルな日なのであります。

それはさておき・・・・。

現在は、目下、10月6日(火曜)から10月12日(月)まで行われる新宿伊勢丹でのイタリア・フェアの最終調節を行っております。

お待たせいたしました

今まで、数多くのお客様から何故、グイド・ゴビーノはイタリア展に出店しないのだという、ありがたいクレームというかリクエストを頂いておりましたが、今年初めて出店させて頂きます

それは何故か??

今年のイタリア・フェアのテーマは『ピエモンテ州』。
ピエモンテ州の州都と言えばトリノ。
トリノで一番人気のチョコレートですから、やはり外せません・・・・ということでお声をかけて頂きました。


そして、普通にチョコレートの販売をするのだけでは面白くないので、ここでしかやれない!ということをやります

それは、グイド・ゴビーノ・カフェ

トリノならではのカフェメニューのビチェリンを飲むことができます。
そして、しかも、普通のビチェリンではなく、グイド・ゴビーノのチョコレートを使ったスペシャル・ビチェリンです。

プラス、毎日数量限定でグイド・ゴビーノのチョコレートで作った究極のスイーツをお召し上がり頂けます。

もちろん、イタリアから直接生のケーキを輸入することはできないので(美味しいモノは冷凍しない方が美味しいし・・・・)、グイド・ゴビーノの監修のもと、日本の女性パティシエさんにご協力いただき、
何回も何回も試作を重ねて、


こんなに美味しいチョコレートケーキは食べたことがない・・・・・


と、ワタクシが絶句してしまった垂涎のお薦めモノ。


その他にもテイクアウトメニューとして、グイド・ゴビーノのチョコレートを使って作ったクッキー類、そしてそして忘れていけないのは、○○○。

来週くらいに発表させて頂きます

東京から離れた所にお住まいの方には本当に申し訳ないのですが、新宿伊勢丹のイタリア展でのみ限定です・・・。


大切なことを申し上げるのを忘れておりました。
グイド・ゴビーノ本人も来日いたします。そして、トリノにあるエジプト博物館の斜め前にあるショップで働くイケメンのラファエロ君も来日いたします。


一人でも多くの方に新宿まで足を運んで頂ければ嬉しいです・・・・と密かに思いつつ、本日も改めての応援クリックをお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



ガイジンが見た日本(驚き編)

全ての国民を救ってくれる民主党さんにお願い!

白桃カルピスを飲もうと、自動販売機にお金を入れるまでは良かったものの、手が震えて隣のボタンを押してしまい、白桃カルピスの代わりにドデカミンがゴロンと出てきてしまった時の、誰にも言えないこのセツナさを救ってください 


閑話休題


東京都美術館で開催されている『トリノ・エジプト展』関連のお知らせです
当初は8月だけの予定だった『金曜日の20時まで延長』が、人気のため、9月の金曜日も20時まで開館延長されることになりました
新聞などの広告にも載っていたので蛇足だとは思いましたが、ワタクシからも、重ねてお知らせさせていただきました!
(ここだけの話、あまりまだこのニュースは行き渡っておりませんので、一昨日の金曜日はかなり静かでした。ので、ゆっくりとご覧になりたい方には金曜日の17時以降がお薦めです・・・・。)


再び閑話休題


初めて日本に来た外国人の驚きの言葉を聞くと、ついつい日頃「当たり前」だと思っていた日本の風景も、日本独特のものだったのか・・・と改めて気づかされるものです。


○飲食店でガイジン向けメニューが用意されていなかったり、店の人が英語が分からなくて苦労しても、周りのお客さんが助けてくれる。
○注文した料理を気に入るかどうか心底心配してくれる。
○日本独特の料理を注文し、それを気に入ったと伝えると、本当に喜んでくれる。
○初めて会った人から血液型を聞かれる。
○イタリア語の名前の店が多い。そして時々間違っている。
○同じ時間帯に同じような番組を各局が放送している。○24時間営業の店が多い (1ブロックに1軒はある)
○道を車で走っていても永遠と店や家が続いて、隣町との堺が分からない。
○信号が妙に多い。
○車がクラクションを鳴らさない。
○放置自転車が多い。
○原色を使った大きな店の看板が多い。
○トラックが小さい。
○道路が禁煙。
○道にゴミが捨てられていないし、ラクガキが少ない。
○歩行者天国が少ない。
○あまり犬を見かけない。
○そして犬のは、ほぼゼロに等しい。
○夏でもストッキングや靴下を履いている。
○昼間でも夜のお出かけに行くようにお洒落に着飾って町を歩いている人がいる。
○アイスクリーム屋が少ない。
○誰もマツモトキヨシさんが誰か知らない。


そろそろ、プラハのネタを書きたくなってきました・・・・でないと忘れてしまいそう・・・・と思いつつ、本日も改めての応援クリックをお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




難しいカタカナ・・・(続編)

またもやご無沙汰してしまいました・・・・
どうもブログを書くという作業は、習慣にしてしまわないと、どうしても一日の作業工程から抜け落ちがち・・・・。反省しなくては。

反省と言えば、体重が云々と言っている割には、浅草の大宮に通い、そして亀十のドラ焼きを買い・・・。反省する気さえ見受けられないようです。

そして、上野の東京都美術館で開催されている『トリノ・エジプト展』、9月に入ってから夏休みも終わったとのことで、入場者数は若干8月に比べると少なくなってきているようですが、(その分、並ばずに、そしてゆっくりと間近で作品をご覧になって頂けるようになっていると思います)やっと涼しくなってきたということで、お陰様でグイド・ゴビーノのチョコレート販売の方は順調でございます。

実は、ここだけの話、トリノ・エジプト展で販売しているチョコレートは本当に『お得』なのであります。

そのせいもあってか、1日限定100個で販売している(ごめんなさい。さらに、東京都美術館限定です。)トリノ・エジプト展オリジナルアソートBOX『アンク』は、連日ご好評を頂いております。 限定商品ということで、時間帯により、売り切れになってしまう場合もあるのですが・・・。


しかしながら、まだ『バスピカ』を持って来て頂いたお客様というのは、さすがに現われておりません・・・(笑)。


『バステト』やら『スカラベ』やら、1ヶ月以上も口にしていると、カタカナがいかに苦手なワタクシでも、さすがにもう間違えることもございませぬ。

成長いたしました


カタカナと言えば、この前、普通の町のスーパーで、なんと高級シャンペーンの代名詞とも言えるモノが手書きPOP付きで売られていました。


ドンペリ・ニョン 入荷しました



何かがおかしい・・・・・

普通の町のスーパーでドンペリが売られているのもツッコミどころ満載だと思いますが、このカタカナの切り方・・・・。確かに、皆、ドンペリ、ドンペリって言ってるけど・・・・
蛇足ではありますが、正確には


ドン・ペリニョン


だよね・・・?


しゃべり言葉ではツラツラ言えても、実際に書くとなると間違えやすいのがカタカナの区切り方。。。

同じドン系でも、『ドン・ガバチョ』は『ドンガバ・チョ』と間違える人は少ないと思うけど、ワタクシ自身、サン・フランシスコは、『サンフラン・シスコ』だと思ってたし、『バスコ・ダ・ガマ』は『バスコダ・ガマ』だと思っておりました・・・・。

さらに、オートクチュールは、子供の頃はすごくお得なチュール、『大徳チュール』だと思ってましたし(しかし、チュールって何だ?と密かに思っておりました。)

一口に日本語のカタカナとは言っても、元の言語が英語だったり色んな国の言葉だったりするから、カタカナを聞いてもスンナリと『スペル』が頭に入って来ないから、実際に意味が分からなくて使ってる場合は多いですよね。

切り方の問題ではないけれど、ごくごく最近までフリーマーケットってFREEな自由なマーケットだと思っていたら『ノミ(蚤)の市』という意味のFLEAマーケットだったってことも最近知りました。

そういえば、うちのスタッフの中にも、サロンドショコラのことを『シャロンド』と言っている子がいて、ずっと冗談を言っているのかと思っていたら、まじめに『シャロンド・ショコラ』という名前だと思っていたという事実が1年後に発覚したり・・・・(そのせいか数年前から『サロン・デュ・ショコラ』というのが正式カタカナ名称になっております。)

余談ですが、『ショコラ・ショー』という『ホット・チョコレート』を指すフランス語のお洒落な言い方も、『サロンドショコラ』、おっと『サロン・デュ・ショコラ』のようなチョコレートのSHOWだと勘違いしている子ももちろんいたことは自己申告させて頂きます。


いやいや、実はピンと来ていないカタカナは世の中にいっぱい氾濫していることが皆さまにもお分かり頂けたことと思います。(実は己のバカさ加減を発表しているだけかもしれませんが・・・)
そして、さらにカタカナのややこしいところは、カタカナを間違って使っている人のミステイクをなかなか指摘しにくいということです。指摘されたらすごく恥ずかしいし、いかにスルーしたと言っても、ご本人が後から気づかれた場合は、スルーしたことで『バカにされた!!』と勘違いされる方々もいらっしゃるだろうし・・・・。いずれにせよ、できればカタカナを用いないで日本語で会話したいけど、うちの商品の名前からはカタカナは外せないと思うと・・・と悩みつつ、本日も改めての応援クリックをお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。