スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続)勝手に歴史考察・・・

先日の馬ネタではタナカーノさんにチャチャを入れられてしまいましたが、確かにおっしゃる通り うちの相方にもチャチャを入れられました。

馬1頭ではモタないし、お屋形様一人でパカパカと馬を走らせる訳じゃないんだから、団体行動だと時間がかかるし、泊まる旅籠も決まっているだろうから、もっとゆっくりした行程じゃないとできるはずがないっ!と・・・。

確かにね~~。

まっ、超急いだとしても、2日はかかるということが分かっただけでも・・・。


そんなこと分からなくてもいいか・・・


で、今日は風邪は既に完治しておりますが、勝手な歴史考察第二段。
ワタクシ常々疑問に思っていたことがあり、その疑問を考えてみようかな・・と。
その疑問とは、


『日本の観光地には何故おまんじゅう屋が多いのか?』


この前と言っても、すでに半年近く前になってしまいますが、まるで浅草のようだ・・・と思ってしまったチェコのプラハの観光スポットは、通りの両側の店がほぼ全てお土産物屋さん。

マリオネット屋(魔女モノが有名)やら、宝石屋(琥珀が有名)やら、Tシャツ屋やら何でも屋やら・・・。ほんと同じよ~なモノを売ってる店ばっかりでした。
まるで浅草の仲見世通り。

でもね、違っていたのは、


まんじゅう屋がない・・・

団子屋がない・・・

せんべい屋がない・・・

唯一、何ていう名前か忘れましたが、鉄の棒に生地を巻きつけてグルグル回して焼いているほんのりと甘いパン屋の屋台があったけれど・・・

こういうの↓
praguepan.jpg

イタリアの観光地ベネチアでもビーズ屋とお面屋はたくさんあるけれど、『甘いモノ屋』(ジェラート屋は除く)はないし、フィレンツェにだって、皮モノ屋と貴金属屋はたくさんあるけれど、『甘いモノ屋』(ジェラート屋は除く)はない・・・。

ワタクシはそんなにたくさんの外国に行った訳ではないので、はっきりと断言はできないけれど、レストランやらホットドッグ屋のようないわゆる『食事屋』以外の『甘いモノ屋』の件数は日本の観光地がダントツなんじゃないでしょうか・・・。

TVドラマの水戸黄門が史実に基づいて作られているのかは分からないけれど、黄門様ご一行が旅に出かけると、うっかり八兵衛が必ず行こう行こうと騒ぐのはお茶屋さんで、必ずお団子を食べてる。


江戸の人たち(一般人)が旅をする時には、徒歩だったとうし、前回の記事のような馬で早業・・・という訳にはいかないだろうから、旅をすると絶対に確保しなきゃいけないのが食料だっただろうし、しかも、通常の生活では『甘いモノ』なんていう贅沢は一般庶民には許されていないだろうから、ハレの舞台の旅行中には、甘いモノを食べて気分を盛り上げてたのかねぇ~と勝手に考察。聞いた話ではお伊勢詣りには、ホントにお金がかかったらしく、一生に一度の贅沢だったとか・・・。やっぱり、そんな一生に一度の贅沢の旅の時には、日常生活ではあまり縁のないお菓子が人気で、その名残りで、今でも観光スポットには『甘いモノ屋』というかお菓子屋がヤケに多いのでは・・・?と勝手に考察。


歴史に詳しい方、どうぞチャチャをいれてください


観光スポットに行くといつも思うのですが、もっと面白いお土産が増えればいいのにな・・・と。
この頃はすっばらしい道の駅なんかに行くと感動して色々と地域の物産やら『○○さんが作った野菜』を買いまくってしまうのですが、どうも、普通のお土産物屋さんに並べられている、

包装紙を変えればどこのお土産にもなり得る

お饅頭やら、何とか餅やら、クッキーは、そろそろやめた方がいいんじゃないのかな~~~とナマイキにも思ってしまうフェニーチェは、本日も皆さまの応援クリックや面白コメント、並びに賢いチャチャをお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

病床のフェニーチェくだらないことを考えるの巻

いつもなら目覚まし時計が鳴る前にパッと目が覚めてしまうBB的朝を迎えるフェニーチェなのですが、今日はなんだかとってもツライ。
頭も痛いし・・・・、だるい。

ありゃりゃ・・・インフルか・・・・と思い、焦って病院へ

無事、普通の風邪でした。

熱は36度5分しかなかったけれど、平熱より5分高いだけで、頭が痛くなったりダルくなるなんて。


人間の身体って、以外にセンシティブ


って、関心してる場合じゃない。早く治さなきゃということで、フェニーチェ、本日はズル休みです。



閑話休題



先日の日曜日にずっと楽しみに見ていたNHKの天地人が終わってしまった・・・。

寂しい

上杉景勝と直江兼続亡き後、『義』と『愛』を重んじて戦うことを現代に継いでいるフェニーチェ家の当主であるワタクシ、フェニーチェと相方・・・・


いやいや、滅相もない・・・・


ワハハハハ


と笑って誤魔化してみます。



冗談はさておき


車のない、かの時代は、色々と大変だったんだろうなぁ~と、つくづく思います。


秀吉さまや家康さまに

『上洛せよ

と言われる度に、米沢からパカパカと馬を走らせ

TVドラマでは、次のシーンでは京都にパッと現われているけれど、いったい何日かかったんだろ

馬が走る平均時速はおおよそ60~70kmだと聞いているので、まあ、長距離をそんなに飛ばすこともできないだろうから、平均時速40キロ、米沢から京都まで高速道路で行ったとしても距離は775キロ。
高速道路を馬で走ったとして所要時間は約19時間。
高速道路を使っちゃダメだろと思い、一般道でルート検索してみると、日本海側をずっと走って690キロ。(ありゃ?一般道の方が距離少ないのか・・・)
一般道を馬で時速40キロで駆け抜け、約17時間。
2時間に1回休憩いれないと腰が痛くなりそうだから、

AM6時出発
2時間走る AM8時<80キロ>
30分休む
2時間走る AM10時半<160キロ>
30分休む
2時間走る PM1時<240キロ>
30分休む
2時間走る PM3時半<320キロ>
30分休む
2時間走る PM6時<320キロ>
一泊 
AM6時再出発
2時間走る AM8時<400キロ>
30分休む
2時間走る AM10時半<480キロ>
30分休む
2時間走る PM1時<560キロ>
30分休む
2時間走る PM3時半<640キロ>
30分休む
1時間ちょい走る PM5時ちょい過ぎ<690キロ>
到着

丸二日パカパカと走ると米沢から京都御所に着く計算。

こりゃ馬も人も疲れるな・・・・。
いやいや、恐らく、丸二日も馬も走ることなんてできないだろうから、途中の休憩はもっととったんだろうな・・・・。


しか~し、風邪引いてズル休みして、こんなにくだらないこと考えているなんて、フェニーチェのバカバカバカ・・・・。早く寝て明日はマジメに仕事します。そして、本日も皆さまの応援クリックや面白コメントをお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




フェニーチェ 花鳥園に行くの巻

イエスタデ~~
家デタデ~~~


閑話休題


人間、疲れているとしょ~もない笑いに走ってしまうものです・・・・

お許しあれ


と、ここまで、土曜日に書いて事切れており、3連休の最終日の夜に、続きを書いております。


ワタクシドモ、連休前の金曜日に、家出はしてないけれど、事務所を緊急クローズ。


伊勢丹の新宿店B1のプラドエピスリーへの納品を済ませた後、事務所に戻る気が一向にせず、首都高からそのまま東名自動車道に乗ってしまいました。


だって、あまりにも天気がよかったし・・・


どうも、連休前の金曜日に車で遠出してしまうのが、ヤヤ癖になっているようで・・・。
連休は混むし~と思うと、その前に行ッチマエ!と、勢いで~。


目指すは、富士花鳥園

本当は、掛川の方の花鳥園に行こうかと思ったのだけれど、掛川よりちょいとだけ近い富士を選択。だって、到着してすぐ帰らなくてはいけないとつまらないし・・・。それに掛川は確か、去年行ったことがあるので、行ったことのない富士にしようと。

富士にはワタクシの憧れのオオオオハシはいないけれど、ワタクシが大好きなローリ(ロリキート)<うちのフェニーチェの親戚たち>がいっぱいいるのだ


ローリー(ロリキート)とは、こんな鳥たちのこと。
以下、富士花鳥園の写真を転用させていただきますのだ。


lori_1.jpg

とか、

lori_3.jpg

とか、

lori_8.jpg

こんな感じの、色とりどりの、しかし、ちょっと性格がキツそうな鳥たち。


で、この花鳥園に行った理由としては、ウチのフェニーチェだけが性格が悪いのか・・・・ということを確かめに行くためでもあり・・・。

ウチのフェニーチェ君の性格が悪いのか、育ての親であるワタクシ、フェニーチェ(人間バージョン)の育て方が悪いのか・・・・・。

というのも、ウチのフェニーチェは、ワタクシが忙しくなると凶暴になり、この前も、大阪に出張している間、3日間、ペット病院に預けていたのですが、引取の時に暴れまくり、ワタクシはフェニーチェに噛まれまくって動物病院にて出血。そして、人間なのに、動物病院で絆創膏をもらい・・・(泣)

まあ、噛まれるのは慣れているので、ちょっとした出血は何も気にならないのですが、動物病院の看護婦さんたちはビビリまくり・・・・。きっと、次は預かってくれないだろうなぁ~~。


ワタクシが相手にしてあげないと、暴れる不良息子なのであります。


ちなみに、伊勢丹のイタリア展の時にはお泊りはなかったけれど、指先の肉を少々持っていかれました・・・。(マジで・・・)



さてさて、花鳥園のローリー君たちはと言えば、そんな凶暴な鳥は一羽もおらず、しかしながら、ヤツらはエサを持っている時にしか近寄って来ないという現金なヤツラでした。


うちのフェニーチェ君は寂しん坊になった時にだけ怒りまくるけど、それ以外の時には愛嬌あるし・・・。


ん~~。


ペットショップのおじさんによれば、ローリーの性格を一言で現すと

『傍若無人』

なのだと・・・・。


傍若無人と称されるペットもどうかと思うよね・・・・。



 ↓性格は悪いし、画質も悪いウチのフェニーチェ
feni2_convert_20091124001528.jpg


問題なのは、このくちばし。


    feni3.jpg

フルーツしか食べないクセに、無意味な程とがってる、ただの凶器なのであります。

それに比べて、昨日NHKのダーウィンが来た!で見たカレドニア・カラスの賢いこと!鳥のクセに、道具を自分で作って虫を取って食べるんですよ・・・。

写真を載せたいけれど、きっと怒られると思うので、↑のHPをご覧ください。
カラスが枝や切った葉っぱを使ってツンツンと虫を取っております。


ウチのフェニーチェ君にも見習わせたい・・・。鳥のしつけには自信はありませんが、スタッフのしつけと商品の選定には自信のあるフェニーチェ・・・。本日も皆さまの応援クリックや面白コメントをお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




新)たまに買うならこんなパン【大阪編】

そう言えば、梅田駅前の歩道橋の上で『すべらない話』で大ファンになった小藪さんに遭遇

けっこう盛り上がってしまったミーハーな自分を再発見



閑話休題



ホームタウン東京ではあんまり、というかほとんどやったことはないのですが、大阪では、テレビで紹介されていたモノをわざわざ買いに行ってしまいました (しつこいけど大阪素人だし・・・)


行ってみたのは阪神百貨店の地下のパン屋さん。


その名は

ルビアン LE BIHAN


小倉さんの『特ダネ』の後にやっている番組が東京とは違い、『よ~いドン』だったかな・・・。そうそう、あってます。『よ~いドン』という名前のすっごく大阪っぽい番組の中で紹介されていて、あまりに美味しそうだったので買いに走ってしまったのが、


めんたいフランス


細いフランスパンの間に、バターとマヨネーズであえた明太子がはさんであるだけのシンプルなパン。
でもね、これが、目玉が飛び出るほどウマイのでありますっ。

今までも、他のパン屋さんで明太子関係のパンを買ったことがあるけれど、こんなに感動したことは皆無・・・。ゼロ・・・。そして、概して、いわゆる『おかずパン』があんまり好きじゃないので、何故に、こんなに自分の琴線に触れたのかは分からないけれど、買いに行ってよかった

何が美味しいかって、まずはパン。
パンがウマい。
そして、明太子クリームがウマいっ
大阪土産として家に持ち帰り、オーブンで焼いたらもっと美味しくなりました


う~ん、もっとたくさん買っておけばよかった・・・・と思って東京にもこのお店ないのかね~と思って調べたら、ルビアンさんのHPも発見。(こちらからどうぞ)


ルビアンLE BIHANは、おフランスのパン屋さんであることもお勉強。そして、東京のお店は

池袋西武
大丸東京店
新宿小田急百貨店

の中に入っていることも発見

あんまり行かないデパートなので、全く知らなかった・・・・。めんたいフランスの大人買いと、他のパンにも挑戦してみたいと決意したフェニーチェでありました。

前記事のEast Booも携帯電話サイトで発見したし、めんたいフランスもTV番組のお薦めで知ることができたし、やっぱり、こういう『出会い系』のウマイモンも捨てたもんじゃないなぁ~と改めて思いつつ、本日も皆さまの応援クリックや面白コメントをお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



たまに行くならこんな店【大阪編】

本日、大阪より無事、帰還いたしましたっ

そして、大阪の皆さま、お世話になりました 


いやいや、現在、大阪の梅田阪急は大改装工事中で、大阪素人のワタクシなどは、色んな場所が閉鎖されているので迷子になるくらい・・・・。
そしてそして、無事に梅田阪急に辿り着けたとしても、10階の催事場に行くのがケッコウ大変・・・。

そんな中、10階までお出で頂き、そしてそして、グイド・ゴビーノのチョコレートをお買い求め頂きありがとうございましたっ


新しい大阪のスタッフちゃんたち、そして、大阪まで出張に行ってくれた新宿チームのM&A(←会社買収ではない・・・)コンビのお二人、そしてそして、サプライズで東京から覗きに来てくれたCちゃん。

ありがとねっ

皆のこと、愛しておりまする~っ


閑話休題


ワタクシドモのもう一つのミッション、



大阪で大阪料理以外のウマイモノ屋を見つける



こちらも、ヤリましたっ

やっと見つけました。

なので、ご紹介


その素晴らしいレストランの名前は


East Boo


カジュアルなおフレンチのお店です。


いつも、ワタクシドモが血まなこになって探す店のカテゴリーは


○美味しいワインが飲める店(5000円以下のワインをワインリストから探し出すのが大変な店は除く。かといって2000円以下のワインばかり載っている店も除く。)
○コジャレた(大ジャレでなくてよい)店
○値段は安くなくてもいいケド、そんなに高くない店
○あんまり大きくない店


このお店はバッチリ


初めて日曜日に行き、とっても気に入ってしまったので、毎日通おうかと思ったら、残念ながら月曜日は定休日。なので、火曜日にもう一度。

そして、火曜日にはすでに



行きつけの店呼ばわり・・・・



この店は、ホント、シャレているのです。
店の内装は白をベースにした綺麗な店で、とっても好きなのは、カウンター席の椅子で、珍しいゴブラン織りの布を張った椅子。
そしてお手洗いが、ビックリする程、綺麗

やっぱり、美味しいモノを追求する人は、美への追求も深いのだなぁ~と改めて感銘


シェフ1人とホールを仕切るナイスガイ1人のお2人で切り盛りされております。


とって~も感心してしまったのは、ホールの、おフレンチ風に言えば、ギャルソン君が、お客であるワタクシドモの一挙手一投足をさりげなく見ていること!!
お料理を食べた後のワタクシドモの表情をちゃんと見ていて、感じよくフォローしてくれます。

料理の味も接客もフレンドリーかつちゃんとしていて、本当に大好きな店が大阪にできました

やったね


お料理の種類は、カジュアルフレンチと言うのかな・・・。シェフの独創性が発揮された、見た目も味もとっても美味しいお料理。
残念ながら2日間では全メニューは制覇できなかったけれど、前菜もメインも全てウマかった

こういう時に、いつも思う。料理の写真を撮っておけばよかったと・・・・

でもね、料理がバーンと目の前に運ばれてくると、ブログのことなぞどこかにすっ飛んでしまい、すぐに箸を(いやいやフォークを)つけてしまいます。

あっそうそう、このお店は、お箸も出してくれるので、気楽にお箸で食べることも可能であります。


良いお店を見つけるといつも思うけれど、やっぱり美味しいモノって、そのお店の人のコダワリとセンスと人間力によって作られているんだな~と。

East Booは、シェフとギャルソン君のコダワリが、店のインテリアにも、お料理の素材にも、お料理の出し方にも、そして肝心の味にも、ちゃ~んと現われているミシュランならぬ、


フェニランの★★★

三星確定でございます。(←勝手に認定)


このお店は、梅田の駅から歩いて5~6分。
ワタクシは大阪素人なので、何線なのかは分からないけど、上にJRが通っている高架下(ちょっとロンドンのような雰囲気のとってもお洒落ゾーン)を通り、ちょろっと路地に入った小さな店。

ヒジョーに分かりづらい説明なので、お店の住所と電話番号をどうぞ

〒530-0015 大阪市北区中崎西3-2-17 朝日プラザ梅田東II 1F
tel.06-6373-6333

カウンターとテーブル席数個の小さな店なので、たぶん、予約した方が良いと思います。


大阪在住の方、大阪近郊在住の方、そして大阪に旅行に行かれる方、お好み焼きと串かつに飽きたら是非行ってみてくださいっそして、本日も皆さまの応援クリックや面白コメントをお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



大人気のためカテゴリー化決定!アラフォー的BB話<アイドル編>

現在、東京に一時帰国中・・・
しかし、今日のあの天気は何だったのでせう
朝のうちは暴風雨。そして雨がやんだお昼頃からは夏のような天気
雲まで夏ぽかった・・・。
そして夕方は真っ赤な夕焼け。
街もオレンジ色に染まっていました。

夕暮れ~に、キミと見~た、オレンジ~の太陽~ (←ついて来られる方だけついて来てください・・・

地球温暖化のせいなのか・・・・
ホントになんだか天気が変だ!

閑話休題

アラフォー的BB話にBBだけではなく、GGの方々もコメントでご参加頂き、そして、たくさんの拍手を頂き、フェニーチェ、調子にのりまくり、明日から大阪に行く準備の手を止めて、ブログ更新しております。

本日のお題は【なぜか夢中になってしまったアイドル】

今の若い子は、きっとこんなことはしないんだろうな~と思いつつ、ワタクシの小学生時代は、透明な下敷き(いわゆるクリアフォルダーの硬いバージョン)の中に、アイドルの切り抜きを入れて、おベンキョーの間もそれを見てニヤニヤする・・・・のが流行っておりました。

クラスの一番の人気はもちろんピンクレディーでしたが、ワタクシは、本当に今考えると、当時のワタクシの美的感覚はいったいどんなになっていたのだろうと改めて考えさせられるのですが、(←このコメントすら失礼なのですが・・・)、ワタクシは下敷きの中に、

ビューティーペア

の写真をはさんでおりました・・・。

当然のことながら日曜日の確か2時頃(白いギターを争う『なんとかジョッキー』の後だったと思う)には、女子プロレスをかじりついて見ておりました。

そんな、小学生ながら、身体も大きかったワタクシのことを、父親は


『将来、プロレスラーにはなりたいって言ったら何と言うべきか・・・』


と、母にそっとつぶやいていた・・・・

ということを後年、母から聞きました。


そういえば、こたつの上で


あなた~から、わた~しへ


って、歌まで歌ってたもんね・・・・



その後、う~ん、いつ頃だったかは忘れてしまったけれど、クラスメートから口々に驚きの言葉を発せられたワタクシの切り抜きは、ある雑誌広告の切り抜き。

しかも、今考えても、父親が読む雑誌に出ていた広告を切り抜いたモノ。

その広告は、



山下真司さんの『強力わかもと』



kyoryokuwakamoto.jpg


特に山下真司さんが好きだった・・・という訳ではなかったのですが、白バックに強力わかもとの瓶を手ににっこりと微笑む山下真司さん・・・。



なんかハマってました。



どうしてだろう?


でね、悲しいのは、SASSOONのジーンズのマークも、トラサルディのジーンズのマークも、ネットで探しても画像がないんですよねぇ~。

『フェニーチェのアラフォー秘宝館(仮称)』が完成した折には、この広告、お手元にお持ちの方は貼り付けて頂きたく、さ~てと明日からの用意をしなきゃ・・・。大阪、梅田阪急のグイド・ゴビーノの店でフェニーチェらしきヤツをお見かけの方は温かいお言葉をかけてやってください・・・そして、本日も皆さまの応援クリックや面白コメントをお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



東京寒っ!!

新不連続シリーズ【後から考えると笑える話】
すっごく偉そうなオッさん(←失敬、オジさまの誤りです。お詫びして訂正させて頂きます)の態度にムカついたので、そのオジさま風味を取り入れて返答したら、『何を偉そうに!!』と文句を言われた・・・
フェニーチェ・キレそう・カウントダウンのスイッチがONになってしまったけれど、余裕あるフェニーチェは、

う~ん、この人も『偉そう』という言葉を知っていたのか・・・

と関心して心を紛らわせ、スイッチをOFFにして立ち去りました。


閑話休題


先ほど、大阪から東京に戻って参りましたっ
皆さまもご存知のように、水曜日から大阪の梅田阪急のイタリアフェアにグイド・ゴビーノがお招きを頂いておりまして、火曜日の深夜に大阪入り。そして、到着早々、寝ずにディスプレイを完成させました。

とは言っても、ワタクシは美的センスゼロであるがゆえ、ほぼ全ての作業はワタクシの相方が勤め、肉体労働はFちゃんが勤め、ワタクシは高見の見物、いやいや、そうではなく、諸々のお手伝いをさせて頂き、作業は朝の5時頃終了

ワタクシどものディスプレイは、結構コッてるつもりなので、時間がかかるのであります。なので、時間を気にしてしまうと、どうしても焦りが出てしまって良い作品にならないので、寝る時間を犠牲に・・・。

そして、朝の10時に無事オープンとなった瞬間に、ホテルへと移動し、午前中は爆睡。
水曜日の午前中は大阪地方もすごい豪雨だったとのことでしたが、何も知らず、まあ、雨が振ってるなぁという印象だけは持っておりました。
その影響か、午前中は空いていたようですが、(今年のイタリア展は結構天気にヤラれてます・・・)、午後からは大盛況で、お陰サマで、『大阪に来てよかった』という結果に。

そして、本日は、急遽、夜の7時には東京にいなくてはいけないコトが起こり、夕方前に大阪を出発・・・。東京の用事は無事に済んだけれど、お会いしたかったお客様にはギリギリ会うことができず、残念デシタ!ごめんなさい

大阪では、お店にゆっくりいたことがないので、お客様の反応を見るのがすごく楽しく、大阪でもゴビーノファンの方々が大勢いらっしゃるんだなぁ~と嬉しい気持ちになりました。


しかし、東京寒いですね~~~!
今日の大阪はすごく暖かくって、ブラウス1枚で外もウロチョロしており、そのまま新幹線に飛び乗ってしまったら、品川駅で降りた時、震えました・・・・・。
まっ、11月にブラウス1枚でいられる方がおかしい訳で・・・・。

そして大阪へは、日曜日に再び出発いたします。

前半戦は疲れすぎていて美味しいモノが食べられていないので、後半戦は何を食べようか・・・と今から楽しみにしております。その前に、溜まってしまったお仕事を片付けなくては・・・・。そしてそして、皆さまに自慢のお宝の写真を貼って頂くことのできる伝言板『フェニーチェの秘宝館(仮)』を相方に作ってもらわなくては・・・・。いやいや、昔のこだわりのお宝の話がとっても盛り上がっているので、写真も貼れたらさらに盛り上がれるだろうな~と思い・・・・(笑)単なる思い付きなので、この話は流れてしまうかもしれませんが、皆さまの応援クリックや面白コメントは、本日もお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



いよいよ梅田阪急のイタリアフェア2009

まずは、反響を巻き起こしてくれたイナ君ニュースの続報から

福島出身のFちゃんのお母様曰く、
イナ君の調理はヒジョーに手間と時間がかかるのよ~。
とのこと。

大切なポイントは
調理前のライブ・イナ君を絶食させて、お腹の中に溜まっている 君を全て出させる。
ノコギリ状の足先と羽を除去する。
煮込む前に、3回ほど湯こぼししながら茹でる。

なるほどなるほど・・・・。
だから、全くと言っていい程、エグみや雑味がないのですねぇ~。

Fちゃんのご近所のイナゴ煮名人のおばさまですら、失敗して、あまり美味しくできないこともあるとのことで、せっかく初めてイナ君を食す東京人に送るのだから・・・と、完璧な出来栄えのイナ君たちを送ってくれたとのこと。

感謝感激であります

で、あれから、イナ君以外の虫食文化を色々と調べてみたんだけれど、やっぱり王者は蜂の子のようで、moliさんからもコメント頂きましたが、かなりの美味だそうで・・・・。
やっぱり、挑戦するしかないかないです

きっと、食べるきっかけって、『必要は発明の母なり』じゃないけれど、食べるモノに困った時だったんだろうと勝手に想像いたしますが、現代にまでその食文化が残っているということは、結局のところ、多くの人が

おいすぃ~っ

と、感動してきたからなんだろうと思います。

勇気を振り絞って食べてみたら、『まずかった』 って場合は、次からは食べないもんね・・・。

じゃあ、今後は美味しい蜂の子探しの旅に出かけますかっ


でも、その前に、ワタクシどもにはやらなければならないことがあるのでした。


大阪の梅田阪急でのイタリアフェア
会期は明日の水曜日から来週の火曜日まで。

で、本日の新幹線の終電で大阪に入り、深夜未明からお店作りを開始し、明日の朝10時までに開店できるよう老体にムチ打ってガンバります。
腰が痛くならなきゃいいのだがぁ~~。
と、始まる前から不安なのですが、そこはちょっと若めのFちゃんに、イナゴパワーで頑張ってもらいつつ。(と、いつものようにオンブにダッコ状態を期待)

そして、ワタクシことフェニーチェは、初日の水曜日と木曜日には店舗にいる予定でおります。(恐らくサボりタイムは多々あり・・・)
そして、木曜日の夜には一旦東京に戻らなくてはならず、日曜日に改めて大阪に行きます。
そして、日、月、火は店番(←古い・・・)をする予定。

大阪には、生フェニーチェを見たいなどという殊勝な方はあまりいらっしゃらないかと存じますが、そのような立派なゴビーノファミリーのお客様は水・木・月・火にお越しくださいますようお願いいたします
サボっていたら、お店のスタッフに呼び出しをかけてくださいませ・・・・。

そして、肝心の商品のことですが
新宿伊勢丹で大好評を得ることができました

キオッチョラ
ゴビーノ・ビスコッティ
ゴビーノ・パウンド


そして、

グイド・ゴビーノがジャンドゥイオッティの原料として使っている
ピエモンテ州産のIGP指定のヘーゼルナッツ
(ゴビちゃんがローストしました

も、持って行きます~。

そして、前もって謝らなければいけないことが・・・

イタリア展限定スイーツと、ヘーゼルナッツは数がちょっと少ないのです・・・。

限定スイーツは、
1日限定それぞれ50個

ヘーゼルナッツは、トータルで
5キロ限定です・・・。

なくなり次第終了となってしまうので、あらかじめご容赦くださいませ。


それでは、フェニーチェは、残っているお仕事をさっさと片付けて、旅支度へと入ります。大阪でも多くのゴビーノファンの方々とお話ができるのを楽しみにしつつ、皆さまの応援クリックや面白コメントは、本日もお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



食べるのに勇気がいる食材

本日、ワタクシことフェニーチェと相方は初めての経験を済ませました

齢40年以上であっても、人生とは常に新鮮なものです。

しかしながら、それは甘い経験ではなく、かなり勇気のいる大人への第一歩。


大人の階段の~ぼる・・・


その先の歌詞は忘れました。


前置きはこれくらいにして、はてさて、何をこんなに大騒ぎをしているかと言えば、福島出身のうちのスタッフちゃんが持って来てくれたモノ。

前々から話には聞いていて、ワタクシドモが持って来い持って来いと言っていて、やっと今日はその念願がかなった記念すべき日だった訳ですが、そのシロモノは


          これ

           ↓
           ↓
           ↓

      スクロールスクロール

           ↓
           ↓
           ↓

  もったいつけて、もうちょっとスクロール

           ↓
           ↓ 
           ↓

inago2shot_convert_20091105135745.jpg

靴じゃないですよ・・・。

思い切って手に乗せてみました。

           ↓ 
           ↓
inagotenori_convert_20091105140217.jpg

はい。イナゴ君です。
うちのスタッフのFちゃんのご実家の近所の、イナゴ煮の名人の方が作ってくださったイナゴ君でございます。

シングル・プレー、もしくはダブルスだと、まだまだワタクシの心にも余裕を持てるのですが、団体プレイとなると、少したじろぐ・・・・

           ↓ 
           ↓

inagomass_convert_20091105135958.jpg

川エビの佃煮だと思って、勇気を振り絞ってお尻の方から口にすると、


美味しい・・・


もうちょっとだけ勇気を出して残した頭も食べる・・・


全然、嫌な味が残ることもなく、後口も爽やか。


たぶん、目から見える情報が脳に危険信号を発信していなければ、ぽりぽりと食べることでしょう。


あっ、触覚が歯にはさまった・・・・

とか言いながら。


多分問題なのは、このお腹の線の部分

           ↓ 

inagotummy_convert_20091105140137.jpg

と、仮面ライダーのようなこの顔

           ↓ 

inagoface_convert_20091105140056.jpg

もやしっ子の都会っ子であるワタクシが、もしも、このイナゴ君(調理済み)がテーブルの下に落ちていたとしたら、スリッパを探すか、『シュー』を探しに、玄関の方へ走ることでしょう。
しかしながら、WIKIで調べると、生きている時代のイナゴ君はこんな感じ。

     inagoliving.jpg

緑だったのか・・・・。

緑のままのイナ君と茶色に変わったイナ君だったら、茶色のイナ君を選ぶな・・・とくだらないことを考えながら、まだまだ修行の足りないフェニーチェは2個目のイナ君には手が伸びなかったのであります。でも、美味しいんだけど・・・・。ホントに。

Fちゃんの実家のご近所のおばさまから、美味しいイナ君を作るレシピとコツを教えていただくことになったので、そのお返事を待ちたいと思います。イナ君特集の第二段をお待ちくださいしかしながら皆さまの応援クリックや面白コメントは、本日もお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



たまに行くならこんな店 【タイ料理編】

いやいや、本当にお寒ぅございます。
昨日今日はチョコレートも一気に白くなる程の寒さ。
チョコレートを保存するのに丁度良い温度は、人間が長袖でいて快適な温度。
だいたい15度ぐらいなのですが、10度を割ってしまった・・・・。
まさに、冷蔵庫と同じ温度ですよぉ~~。寒いわけだ。

ワタクシ、フェニーチェは大の寒がり。
寒くなるとチョコも白くなるとともに、ワタクシの唇も紫に・・・。
防寒用の肉ブトンをたっぷりと身に付けているハズなのですが、寒い寒い・・・・

で、温度に関しては、ワタクシは数字が大好き。
というか、温度計フェチなのであります。
暑い時にも温度計をチェック。
寒い時にも温度計をチェック。
温度計に示されている数字を確認して、自分の感覚が何度から暑く感じるのか、何度以下が寒く感じるのかを再確認して安心するという変なフェチでございます。

なので、昨日、今日のような1桁の数字を見ると、改めて「あわわわ・・・」と寒さを感じてしまいます。

閑話休題

こんな寒い日には辛くて美味しい料理を食べて温かくなろう~っということで、本日のお薦めはタイ料理。
場所は新宿伊勢丹から車で5~6分の大久保駅周辺。
ハイ、国際色豊かで、道行く人の大半は日本語以外の言葉を喋っている場所。
そして、タイ料理のメッカ(←宗教は違うけど・・・)でもあります。

お店の名前はクンメー1

大久保の駅を背にして左に行き、大きなパチンコ屋さんの角を曲がって細い道をしばし行くとその店は左側にあります。
近所にはクンメー本店もございます。

数年前からクンメー1には通い詰めておりますが、その前は、全くと言っていい程、タイ料理には縁がなく・・・、というのも、ワタクシ、実は辛いモノが苦手でありまして・・・・。
前にも書いたと思いますが、尾篭な話、タイ料理を食べた翌日は、お尻が辛くなってしまう故。

でも、まあ、お付き合い程度に時々はタイ料理を食べに行ってたのですが、この店で食べてから、他の店がそんなに美味しくなかった・・・という事実に気がつきました。

はい、美味しいモノを知らないと、マズイとか美味しいの判断はつかないのだ~という真理にも気がつかされる程、美味しいデス。
今では、ワタクシは他の店ではタイ料理を食べないことにしております。

何が美味しいって??
お薦めメニューを書こうと思いましたが、書けない・・・。だって覚えてないから。

何でも美味しいです。(と思います・・・)

特にお薦めは、パッタイ(←いわゆるタイ風ヤキソバ)

クンメーのパッタイを食べるようになってから、他の店のパッタイがケチャップ臭くて食べられなくなりました・・・。クンメーでは、ちゃんとタマリンドを使ってるしね
麺も美味いっ

お薦めメニューは店長のナイスガイ北村君に聞くと丁寧に教えてくれると思います。

も一つ、ここのお店のお薦めはBGMというかBDVD(←バックDVD)
タイPOPやタイの演歌(ワタクシのお薦めはタイの小林幸子)が楽しめます。

是非是非お試しあれっ

なんだか近頃はお薦めメニューやお薦めレストランの記事をブログに書くと結婚詐欺っぽく思われるかもしれないな・・・・ でもご安心くださいませワタクシ、婚活中ではございません。しかしながら皆さまの応援クリックや面白コメントは、本日もお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




ビチェリン@フィアット・カフェ

本当は、このイベントの前に皆さまにお知らせしたかった・・・・
ケド無理だった。
そして、終わってすぐに記事をアップしたかったけれど、疲れきってバタン・・・・
新宿伊勢丹のイタリア展で出しておりましたビチェリンを、フィアットジャパンの方が非常に気に入ってくださいまして、10月28日(水)、青山一丁目にあるフィアット・カフェのイベントにお誘い頂きました!

fiat_event_03.jpg

かと言って、実際に働くのはワタクシではなく、うちのスタッフちゃん達なのだが・・・ワタクシも相方も相当な心配性なようで、ワタクシドモ二人が疲れてしまった・・・。

fiat_event_02.jpg

実は、結構、準備段階も難しく・・・・
というのも、カフェで使っているコーヒーが違うと、レシピをガラリと変えなくてはならないのであります。やっぱりね、コーヒーの種類によって、味や香りが違うので、ワタクシドモが作りたい味のビチェリンがなかなかできず、イベントの前日とイベントの始まる5分前まで、ああじゃないこうじゃないとレシピを模索いたしておりました・・・。

う~ん、何気に深いビチェリン道


このイベントには300名近くのたくさんのお客様がいらっしゃり、2時間のイベントなのにもかかわらず、200杯近くのビチェリンを作りました・・・。
味わって頂いた方のコメントを、お客さんに混じり、こっそりと聞いていたのですが、ワタクシドモの心配をよそに、そこそこ評判は良かったようで一安心・・・・。

ただ、イタリア展の後に痛くなった腰にはずっと立ちっぱなしという状態はかなり悪かったようで・・・・。う~ん、年はとりたくないものです


そうそう、今後も、フィアットカフェで行われているTaste Italy Here! というイベントで、クジ引き企画(←なんか言い方がダサいな・・・)があるらしく、運の良い方には、グイド・ゴビーノのチョコレートも当たったりしたりするのです。お近くの方は、是非、フィアットカフェに行ってみてください。
神宮外苑のイチョウ並木の近くの246沿いにある、お洒落なカフェでございます。
1階はフィアットの500が置いてあるショールーム。地下はクラブのようなイベントスペース(だそうです。←ここは腰が痛かったので行ってません・・・)


さ~てと、もはや11月。
11月11日からは大阪の梅田阪急でイタリア展でございます。


ワタクシの腰は大丈夫だろうか・・・・ ちょっと心配。しかし、いつも思うけれど、日本各地のイタリア展に出店されている業者さんはスゴいなぁ~と・・・・。ワタクシどもは、自分たちのBB度(←ババァ度と読む)を実感しながら、うちらには無理だな・・・と小さく呟いく今日この頃ですが、皆さまの応援クリックや面白コメントは、本日もお待ちしております
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。