FC2ブログ

○○○セレクションの怪

真ん中の文字、『ン』だけを伏字にすれば検索に引っかからないで済むか・・・・・、いやいや、やっぱり3文字全てを○○○と表現させて頂くことに決定。

これは、食品業界に足を踏み入れて以来、ず~っと不思議に思っていたこと。

しかし、こんなことを色んな人が見得る場所で発表してよいのだろうか・・・・・。
とも思っておりましたが、とうとう我慢ができず・・・・。


きっと、皆さまも、この○○○セレクションの名前は、TVコマーシャルやら、パッケージに印刷されたロゴなどで一度は耳なり目にしたことがあるはず・・・。

この伏字にしてある3文字は、イタリア語で『世界』っていう意味の単語。
だから、○○○セレクションは、『世界が選んだもの』。

概して外国からの評価に弱い我が国日本は、かなりのお客様らしく、数え切れない程の受賞商品があるのであります。


ちなみに、  ↓  は、今まで受賞した日本商品のリスト

  受賞した日本製商品のリスト


リストを見て頂ければ分かるように、

絶対日本人しか食べない。
日本人もしくは長い間日本の食文化に浸っていなければ評価できないようなクセのある商品。

などなど、『えっ??あれも??』

と、首をかしげざるを得ない商品がかなりたくさん・・・・・。


で、一番最初にワタクシの脳みそに浮かんだ疑問は



審査員は日本人


もしくは、


日本オタク



Wikiで調べてみたところ、認証の仕組みは、


出品者から○○○セレクション本部に送付された商品に対し、専門家や評論家などが審査を行う。ジャンルはビール・菓子・タバコ・美容などのカテゴリからさらに100以上のグループに分かれており、出品数もまちまちである。審査基準の詳細は非公表だが、「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」等の項目だといわれている。各項目の点数を加算し、総合得点によって各カテゴリごとに特別金賞、金賞、銀賞、銅賞が授与される。


とのこと・・・。

審査基準が非公表って

日本製の商品が受賞する理由は、この基準を見ると、
『味覚』はさておき、「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」の3部門で高得点を取っているからなのでは・・・・と思われ・・・・。


そして、注目すべきはこれ。


本認証は相対評価ではなく絶対評価を用いているため、定められた技術水準を満たした商品には全て認証が与えられる特別金賞は2006年以降毎年50点以上の日本製品に与えられている。なお国際的にはほとんど無名である一方、日本国内で近年急激に知名度が上がったため、審査対象品の5割が日本からの出品という状態にある。さらに、日本から出品した食品の8割が入賞している。


この文章は、ワタクシの文章ではありません。
Wikipedia様からの引用であります。
ただ、下線を引いたのはワタクシ・・・・。


このWikiの説明を見てホント納得いたしました。



悲しいけど・・・・。



さらに、Wikiの辛口コメントは続きます。

認証を得た商品のパッケージには認証メダルを受賞マークとして表示することができる。これにより一定の技術水準に達していることを消費者にアピールし、売り上げを大幅に伸ばした例もある。また日本では審査用書類作成やサンプル商品の輸送など、出品をサポートするコンサルタント業も存在する。一方、出品にかかる費用が商品代に上乗せされるために、日本から外国への富の流出や食文化の評価を外国に牛耳られるといった負の面もある。


やっぱり・・・・。


地球規模の色んな国で作られているような商品を出品して、「うちの商品は国際的な競争力があります」とアピールするのはいいけれど、どう考えても日本でしか食べないモノなのに、どうして外人さんの評価が必要なのでしょう・・・・・。


ワタクシも自分で起業する前の前の仕事はマーケティング。

ん~、このPR方法が正しいのかどうかと聞かれれば、ワタクシの脳では、大きく





としか出ません・・・・。


日本の人口は、平成17年国勢調査によると、10月1日現在で

127,767,994人

とすると、ワタクシを除く、127,767,993人の日本人は、○○○セレクションで金賞を受賞したと言われると、その商品が魅力的だと思ってしまうのだろうか・・・・・。(もちろんお子様は除くけど)


ん~、そうであるとするならば、ワタクシドモの会社は、どんなことがあっても少数派からのサポートを頼りに細々と裏街道を歩いていかなければなりませぬ。


その少数派を増やすための営業をしなければ 


このブログを読んで時々笑って頂いている皆さま、フェニーチェ少数派連合に入りませんか~?(笑)


まだまだフェニーチェ、田母神さんのように正面切って喧嘩売れるような立場にはございませぬ・・・。なので、表現に伏字やらハグラカシが多く、歯がゆく思われる方もいらっしゃるかも・・・・。そういう方々、もう暫くお待ちくださいませいつかは、上杉謙信のように義を持って戦えるよう戦力を蓄えまする。まずは腹筋トレーニングか・・・(笑)今日はひとまず、○○○セレクション派の貴方もアンチの貴方もとりあえずの『おつきあい1クリック』をお願いしたく・・・(笑) 
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメントありがとうございます

非公開という「気」を使って頂きありがとうございます。○○○セレクションをグーグル検索すると、本当に複雑な気分になってきます・・・・。
こういう「?」な賞は他にも色々ありますが、本国では日本がどのような『扱い』になっているのか、と考えると、日本人として、本当に何とかしたいという気分になってきてしまいます。

みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード