FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セコハンはエコか?

前回、問題にした内容で今のところ検索にも引っかかっていないことにも気をよくし、今日も世の中の少数派のつぶやきを公表してしまおうかと・・・・・。


さてさて、本日の話題、セコハンはエコか?


これも、少数派の意見のような気がするけれど、臆せず、隠すところは隠しつつ物申してみたいかな~と。

セコハンとは、セカンドハンドの昔風の略。


    物を捨てるのはモッタイナイ。
           ↓
いらなくなったモノを捨てるのはエコじゃない。
  燃やすと二酸化炭素出ちゃうし・・・・。
           ↓
         売  却

という、心理構造かと・・・・・。

ワタクシも、もしかしたらそうなのかな?とちょっと前までは思っていたのですが、そのちょっと前に『えっ?そりゃちょっとないんじゃないの・・・・?』と思ったわけで・・・・・。



古い靴やスーツをもってくと商品券だか金券がもらえる



ワイドショーやらニュースショーでその映像を見た時、かなりの衝撃を・・・・。



ちょっと信じられなかった光景でした。



ワタクシのこと、個人的にご存知の方ならご承知かと思いますが、ワタクシはあんまり『恥ずかしがり』ではありませぬ。



全身タイツ姿で複数の人が入る更衣室で堂々と着替えることも、胸の開いたシャツを着たいけど中に着ていた下着(いわゆるババシャツ)がシャツから出てしまうというだけの理由でその場でジョキジョキとカットしてし、その手切りのババシャツは捨てずに今でも着ていたり、(多くの方はカットせずにそのババシャツを脱ぐのだということを後から知りました・・・)人のいない地味な田舎の海で超派手なハイレグの水着を着て一人でシュノーケリングをして、望遠レンズで狙われたり・・・・


ワタクシの羞恥心とはどんなモノなのか?


という話題では、5時間くらい盛り上がれるほどネタは満載。


しかし、自分がはき潰した汚い靴を人の集まる場所に持って行き、それを売る勇気はないのでありマス・・・・。


これはエコか?


いやいや、いいんです。
手切りした下着を愛おしくいつまでも着ている人が少ないように、汚れた靴を他人様に見せるのを恥ずかしがるワタクシが少数派なのであれば、それはそれで受け入れます。


ワタクシが小さい頃、祖母から、自分のモノを捨てる時には、自分でちゃんと切り刻んでから捨てなさい。と、教わりました。


今となっては比べようがない程モノのない明治生まれの祖母。


そんな明治生まれの祖母は、もちろん、自分が着なくなったモノを作り変えたり、穴が開けば自分で繕ったり。しかし、自分が着なくなったモノは知り合いに譲ったりはしていませんでした。答えは失礼だから。

戦後生まれの母がワタクシの学校のバザーにワタクシが着られなくなったモノなどを出そうと言い出した時には、自分の要らなくなったモノを人様に譲るなど、その人に失礼だろうと叱責されてました。

人様にお譲りするのは、自分が袖を通していないモノや頂いたモノだけれど、自分たちだけでは食べ切れないものだけにしろと。故に要らないモノではなく、自分も欲しいモノであるべし。でなければ失礼にあたると言ってました。


しかも、自分のモノを捨てる時には、きちんと使い切り、そして洋服などは切り刻んでから、モノの場合はできるだけ解体してから捨てろと。


最後の最後まで自分で責任を持てという教えか・・・・?


何故、切り刻んでから捨てなければいけないのかの理由を幼いワタクシは祖母に尋ねませんでした。なので、祖母の真意は今となっては分かりませんが。


モノを大切にするってそういうことかな?


まあ、昔は必要のないモノは買わなかったし、買う余裕もなかった。
モノの値段も高かったから、買うまでのハードルが高かった。
故に、買ってもらうための努力は本当に惜しまなかったり、買ってもらった時は本当に嬉しかった。
自分でお金を出せば尚のこと・・・。


今みたいに、

『1シーズン着れればいいや』

と、半ば投げやりな条件付きでモノを買うことはTシャツやセーター1枚でもなかったような気がします。


なので、遥か昔に買ってもらったシャツやらセーターも、昔は『いっちょうら』でしたから、思い出がいっぱいありすぎて捨てることすらできなかったり・・・・。


電化製品でもそう。
昔は高かった・・・・・。

ワタクシが小さい頃、初めて家に電子レンジなるモノが運ばれてきた時の母の喜びようったら、今でも覚えているくらい・・・・。
大きくて重くて、スイッチをつけようものならば、家のブレーカーが落ちてしまうような仰々しいものでした。テレビも大きくて重かったし・・・・。


壊れたら近所の電器屋さんを呼んで修理してもらって大事に永く使ってた。


今では、電化製品を修理してもらおうと電話でもしようものならば、担当の人に



『見に行くだけで○千円かかりますよ。修理するより新しいの買った方が安いですよ。』



と、諭される始末。



色んなモノの大きさが小さくなって、色んなモノの値段が下がって、気軽に買えるようになり便利になった分、モノの価値も小さくなったような気がする・・・・・。


必要なくなっても売れるし・・・


なんかちょっと寂しい。


歳を取ると懐古主義になるし、愚痴っぽくなるのは、まさに本当。
来月、ズバフォーからアラフォーに昇格いたしますし・・・・


なんとなく色んなことを愚痴ってみたい、そんな今日この頃。人間が生きていくために犠牲にする代償、というより、便利さの追求によって払わなければいけない代償って大きいような気がする・・・。エコを考えたら、お江戸の生活に戻るのが一番。旅行は、土日の1000円高速道路ではなく、街道を歩く。体力的に無理なら誰かにおぶってもらうなり籠に乗るなり人力車を手配する。
海外出張は・・・・・。おっと、エコを考えるためには商売変えをしなければ・・・・。モノを捨てないならモノを買うべからず。でも、それじゃあ日本経済は・・・・。メビウスの輪にハマってしまった方も、自分なりのエコ意識がある方も、今日はひとまず、『おつきあい1クリック』でお茶を頂きたく・・・(笑) とにもかくにも、ワタクシドモの会社の車はハイブリッドにしております。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。