スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しいカタカナ・・・(続編)

またもやご無沙汰してしまいました・・・・
どうもブログを書くという作業は、習慣にしてしまわないと、どうしても一日の作業工程から抜け落ちがち・・・・。反省しなくては。

反省と言えば、体重が云々と言っている割には、浅草の大宮に通い、そして亀十のドラ焼きを買い・・・。反省する気さえ見受けられないようです。

そして、上野の東京都美術館で開催されている『トリノ・エジプト展』、9月に入ってから夏休みも終わったとのことで、入場者数は若干8月に比べると少なくなってきているようですが、(その分、並ばずに、そしてゆっくりと間近で作品をご覧になって頂けるようになっていると思います)やっと涼しくなってきたということで、お陰様でグイド・ゴビーノのチョコレート販売の方は順調でございます。

実は、ここだけの話、トリノ・エジプト展で販売しているチョコレートは本当に『お得』なのであります。

そのせいもあってか、1日限定100個で販売している(ごめんなさい。さらに、東京都美術館限定です。)トリノ・エジプト展オリジナルアソートBOX『アンク』は、連日ご好評を頂いております。 限定商品ということで、時間帯により、売り切れになってしまう場合もあるのですが・・・。


しかしながら、まだ『バスピカ』を持って来て頂いたお客様というのは、さすがに現われておりません・・・(笑)。


『バステト』やら『スカラベ』やら、1ヶ月以上も口にしていると、カタカナがいかに苦手なワタクシでも、さすがにもう間違えることもございませぬ。

成長いたしました


カタカナと言えば、この前、普通の町のスーパーで、なんと高級シャンペーンの代名詞とも言えるモノが手書きPOP付きで売られていました。


ドンペリ・ニョン 入荷しました



何かがおかしい・・・・・

普通の町のスーパーでドンペリが売られているのもツッコミどころ満載だと思いますが、このカタカナの切り方・・・・。確かに、皆、ドンペリ、ドンペリって言ってるけど・・・・
蛇足ではありますが、正確には


ドン・ペリニョン


だよね・・・?


しゃべり言葉ではツラツラ言えても、実際に書くとなると間違えやすいのがカタカナの区切り方。。。

同じドン系でも、『ドン・ガバチョ』は『ドンガバ・チョ』と間違える人は少ないと思うけど、ワタクシ自身、サン・フランシスコは、『サンフラン・シスコ』だと思ってたし、『バスコ・ダ・ガマ』は『バスコダ・ガマ』だと思っておりました・・・・。

さらに、オートクチュールは、子供の頃はすごくお得なチュール、『大徳チュール』だと思ってましたし(しかし、チュールって何だ?と密かに思っておりました。)

一口に日本語のカタカナとは言っても、元の言語が英語だったり色んな国の言葉だったりするから、カタカナを聞いてもスンナリと『スペル』が頭に入って来ないから、実際に意味が分からなくて使ってる場合は多いですよね。

切り方の問題ではないけれど、ごくごく最近までフリーマーケットってFREEな自由なマーケットだと思っていたら『ノミ(蚤)の市』という意味のFLEAマーケットだったってことも最近知りました。

そういえば、うちのスタッフの中にも、サロンドショコラのことを『シャロンド』と言っている子がいて、ずっと冗談を言っているのかと思っていたら、まじめに『シャロンド・ショコラ』という名前だと思っていたという事実が1年後に発覚したり・・・・(そのせいか数年前から『サロン・デュ・ショコラ』というのが正式カタカナ名称になっております。)

余談ですが、『ショコラ・ショー』という『ホット・チョコレート』を指すフランス語のお洒落な言い方も、『サロンドショコラ』、おっと『サロン・デュ・ショコラ』のようなチョコレートのSHOWだと勘違いしている子ももちろんいたことは自己申告させて頂きます。


いやいや、実はピンと来ていないカタカナは世の中にいっぱい氾濫していることが皆さまにもお分かり頂けたことと思います。(実は己のバカさ加減を発表しているだけかもしれませんが・・・)
そして、さらにカタカナのややこしいところは、カタカナを間違って使っている人のミステイクをなかなか指摘しにくいということです。指摘されたらすごく恥ずかしいし、いかにスルーしたと言っても、ご本人が後から気づかれた場合は、スルーしたことで『バカにされた!!』と勘違いされる方々もいらっしゃるだろうし・・・・。いずれにせよ、できればカタカナを用いないで日本語で会話したいけど、うちの商品の名前からはカタカナは外せないと思うと・・・と悩みつつ、本日も改めての応援クリックをお願いさせて頂きたく・・・ コメントもお待ちしております♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同年代とは

だんだん分かって参りましたが、プロレスはご存じかな?
僕は、ミル・マスカラスをずっとミル・マス(マスクの略)・カラスだと思ってました。
しかも、ミルが1000でマスカラスがマスクのことで、鳥のカラスとは無関係だということを知った時には、ミル・マスカラスのマスクがカラスをモチーフにしたものであると、インチキな「知ったか」を友人に吹聴していなくて本当に良かったと安堵したものです。

Re: タナカーノさま

しまった・・・!プロレスは門外漢でございました・・・。
カラスと言って思い出すのはマリア・カラスくらい・・・。

しかし、ワタクシもよくありました。知ったかぶり風を吹かして、いい加減な情報を吹聴してしまう・・・。
昭和40年代生まれの特徴でしょうか?(笑)

その他のまともな40年代生まれの方、大変失礼いたしましたe-466

みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。