FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべし!全席自由席の飛行機・・・

Valvaneさんの『デリー航空の運賃は、乗客の体重で決まります・・・』の記事を読んで思い出しました。。。(ValvaneさんのブログFrom VALVANEはこちら


イタリア国内やイギリス国内の移動はできるだけレンタカーを使っているのですが、やはり海を渡らなければならない時には飛行機を使います。しかし、できれば安くあげたい・・・。

トリノからロンドンに行く際に、どうせフライト時間は2時間くらいなのだから、乗り心地?サービス?いやいや安さ第一で、色々と探した結果、ライアンエア(RYANAIR)にたどり着きました。

さて、このライアンエア、ヨーロッパ最大の格安航空会社で、アイルランドの会社。
日本からもオンラインで予約できるのですが、前もって予約すればするほど安い。航空代金はタダだったりする場合もあるのです。予約はこちら


もちろん、マイレージもないし、ビデオも音楽もないし、機内誌が配られるけれど到着前に回収される。飲み物や食べ物は全て有料サービス。なので、無料では水一滴でない。


いいんです。安ければ・・・。所詮無駄なことも多いし、まずい機内食の代金が航空料金に含まれるよりも、きっぱりとない方がいい。

しかし、これだけはどうにも馴染めませんでした・・・。



全席自由席!!!


ギャグではありません。本当の話・・・。


しかし、甘い我々はこんなことにも気づきませんでした。搭乗前にチケットを見るまでは・・・・。ライアンエアの搭乗口の前にやたらと長い列が搭乗時間のかなり前からできているのを見て、



「?」



なんで並んでいるのだ?まだまだ時間はあるのに・・・・。



『自由席なんじゃないの~?』とふざけて言ったつもりが、どんぴしゃ。


なんと、航空券には座席番号が書いていない・・・



早い者勝ちなのです。まあ、2時間くらいのフライトだから窓側だろうが、廊下側だろうが、前だろうが後ろだろうがあんまり変わりはないけれど、人々が我先に飛行機に乗り込む姿を見るのが、かなりツライ・・・。(恐らく、補助席やら立ち見はないと思うけれど・・・・というか、そう願いたい・・・・)


日本人が、『とりあえず新幹線の自由席に飛び乗って名古屋まで行く』そんな感覚で飛行機に乗るヨーロッパ人はいいんです。我々のような遠くからはるばる来ている旅行者は当然のごとく重い重いスーツケースを持っています。これが問題!

通常はエコノミーで許されている荷物は20キロまでで、大抵の場合は5キロオーバーくらいまでは笑って見逃してくれます。しかし、ライアンエアは別!
制限は15キロで、1キロでもオーバーしていた場合には、1キロにつき、たしか5ポンド(1300円くらい)支払わなければならず、我々は二人合わせて20キロオーバー。合計100ポンド(26000円くらい)支払いました・・・。
こんな厳しいことをグランドホステスさんから言われていた時に、ちょうど我々の後ろに並んでいたのが、恐らく、我々よりは50キロは体に身に付けている巨漢カップル。

彼らが私の目に入ったので、そ~っと後ろの二人を指差して、


『彼らは支払わなくていいの?』



『もしも荷物が15キロ以下ならエキストラを払う必要はありません』



『えええっ!?それはおかしい。私々は荷物と体重合わせて1人75キロ(ちょっとサバ読みました・・)。彼らはきっと、体だけでそれ以上あるのに、何故我々だけが支払わなければいけないの

と、大人気なく、もちろん、半分笑いながらですが、行き場のない不満をちょっとだけギャグにしてぶつけてみました。。



『わかったわ。帰りの便までに、この荷物、全部食べちゃえばいいのね・・・』 



そんなフリがあったためか、入り口めがけて殺到する人々に、気持ち的について行けなかったのかもしれません・・・。

決意しました。

次回は、高くてもいい。ゆったりとした気持ちで乗れる飛行機をチョイスいたします。失って初めて、航空会社のサービスとか乗り心地とかの大切さに気づきました・・・。

ちなみに、ライアンエア。機内(頭上の荷物を入れるスペース)には、ライアンエアがいかに安いのかという赤・青・黄色の原色を使った広告がズラ~っと並び、機内放送は販売しているスクラッチカードで何が当たるか!という過激なCMが流れます・・・。


今日でお盆も終わり、そろそろ夏休みの季節。


究極の格安飛行機での旅行、1回くらいは試してみる価値はあるかもしれません。
(手ぶらでの気軽な旅行、学生旅行、そして、日帰り出張には最適だと思います。(と、さりげなくフォロー) 


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デリー航空の運賃は、乗客の体重で決まります。

デリー航空の運賃は、乗客の体重で決まります――。フィラデルフィアの地元紙2紙に6日、新興航空会社のこんな広告が掲載されました。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございました

そうですよね。荷物の大きさ・重さだけ見るなんて、私も不公平に感じます。お肉持ち込む分、払え~!ってね。i-235

ライアンエアじゃないですが、日本-オーストラリア間をジェットスターで飛びました。初!格安航空会社です。就航便であったためか、まだ会社側の対応もぎこちなくて…、いろいろ分かりづらい点がありました。

格安航空会社ではありますが、フライト時間が8・9時間ということもあり、「1回だけ、機内食が付きますが、それ以上欲しいと言うことであれば、持込するか購入ください。」とのことでした。格安航空会社ですので、通常とは違い、チケットは片道売りが基本です。なので、1回のフライトで2回とか出てくる機内食が、「無料では1回分しか付きませんよ~」という意味なのかと思っていたのですが、…どうも、「往復で」1回分しか付かない、という意味だったようで。おかげで「持込み可」と知っていたにも拘らず「1食付くならOKよ~♪」と、全く持ち込まず、高い高い機内食を購入することになった乗客は、(私含め)文句タラタラでした。

初めから「そういうもん」だと分かっていて使うのであれば便利ですが、知らずに使うと、しんどいばかりですね。

コメントGRAZIE!!

ほんとほんと、格安航空会社の機内食は食欲も萎えるほど高いですよね~。(記憶は定かではないのですが、ライアンエアのピザは3000円くらいしたような・・・)
しかし、往復で1回の無料機内食っていつ出るんでしょうね・・・・・。
ps.しかし、デリー航空のネタがホントだったらいいのに・・・・。

みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。