FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉好き故の得意技

唐突ですが、ワタクシは肉好きです・・・。

前にもお話したかもしれませんが、うら若き女学生の頃、(確か中学1~2年生の頃だったはず・・・)、男の子たちとの今で言う合コンでは(昔で言うグループ交際か・・・)好きな食べ物を聞かれたら、『お肉』と答えずに『イチゴ』と答えるべし!と仲の良い友人が見かねて私に忠告したという逸話もあるほど・・・。

もしかすると、ワタクシは人類の中でも原人に近いのか、柔らかい物よりも、『噛み味』(←ワタクシの造語です)のある物が好き。
よって、焼肉よりもステーキ。
口の中でとろける霜降りよりも、ジューシーな赤身。

そして、特に大きな塊のお肉と格闘するのが大好きなのでした。

もちろん、小さい頃の憧れは、はじめ人間ギャートルズのマンモーの肉・・・。

肉好きが高じて、塊肉を焼くのが非常に得意 
鴨肉、豚のブロック、ローストビーフなどなど・・・。
しかも、オーブンを用いずに、フライパンだけを使って、焼くことにこだわりを持っておりマス。

お肉の焼き方のポイントは、もちろん、火の入れ方。
中が生焼けでもダメだし、火を通しすぎても美味しくない。
丁度良い、美しいピンク色に仕上げなくてはいけません。。。

オーブンを使わないで中まで丁度良く火を入れるコツは、

フライパンのフタとアルミホイルを駆使する!!


強火で外側をこんがりと焼いたら中火にし、フライパンのフタを閉めて暫く火を入れます。
熱いけど我慢して、お肉を指で押してみて、その弾力で中の状態を想像し、外側1センチくらいには火が通ったな・・・と感じたら、お肉をフライパンから取り出して、アルミホイルでグルグル巻きにして休ませます。これがポイント 

10分弱、アルミホイルで熱が逃げないようにし、お肉の余熱で中まで火を通すという仕組みです。
冷めてしまうほど放置プレイすると、肉汁が出てきてしまうのでお気をつけください 

そして、この後、またフライパンに戻し、焼いて、またもや指で弾力を確かめて、よしっ!と思うくらいの固さになったら、(生焼けのお肉には柔らかな弾力があります)勇気を持って真ん中に包丁を入れますっ。(もし、まだ焼きが足りない状況でも、初めから半分の大きさだったと思えば、落胆は少なくてすみます(笑)。

豚の場合には、中まで限りなく白くなるまで焼く。(プラチナポークの場合はロゼでも大丈夫
鴨や牛の場合は、中のお肉の色は赤に近いピンク色に。

そして、その焼きたてのお肉の塊をカットして、いただきますっ!

忘れてならないのは、お肉のソース。

ワタクシの個人的なお薦めは、
鴨肉には断然、ラ・ベッキア・ディスペンサの『バルサミコのジェラティーナ
10年もののバルサミコを煮詰めてペクチンで固めたジュレ。
甘みと酸味のバランスが丁度よく、鴨肉のローストにはなくてはならない存在です。しかもこの商品のスグレている点は、ゼリー状になっているので、たくさん一度につけて食べられることなのです!液体だとどうしても流れてしまうけれど、ゼリー状なら大丈夫。

    balsamico_jelly_s.jpg


豚肉のローストにお薦めなのは、
プルノットの『森のベリーのシロップ漬け
ブルーベリー、カシス、ラズベリーを甘さ控え目のシロップに漬けたもので、ベリー類のさわやかな酸味が豚肉の脂っぽさを消してくれます。

berry_in_syrup_s_convert_20080825013232.jpg

そして、ローストビーフにお薦めなのは、
プルノットの『赤ピーマンソース
北イタリア、ピエモンテ州産の肉厚の甘いピーマンに少しの唐辛子が入ったソースで、ピーマンの甘みがローストビーフの美味しさを存分に引き立ててくれます!

     peppr_sauce_convert_20080825013909.jpg


肉好きの皆様、是非是非、試してみてくださいね 



追記:忘れていました。お肉は焼く10分前くらいに、フラミンゴの『フィオール・ディ・サーレ』をもみこんでおくこともポイントです!!

    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これを読んで

強烈にお肉が食べたくなりました・・・。多分、ポークでチャレンジすると思います。

にゃきさま

わははは。実は、私もこれを書いていたのが深夜だったにもかかわらず、強烈にお肉を食べたくなっていたのでした・・・・♪
この頃は美味しいブタ肉、いっぱい出てますもんね・・。私もブタ、いやいや、ポーク大好きです!

みんなの足跡

FC2カウンター

プロフィール

★フェニーチェ★

Author:★フェニーチェ★
商品も人間と同じ。性格も見た目も良くなければ!!という「フェニーチェ式クオリティー」を持った商品を主にイタリアで見つけて紹介しているフェニーチェ・セレッツィオーネのブログです。出張に出かけた際のコボレ話や「へぇ~」話、商品の紹介などを行っていきたいと思います。

ブログランキング
ランキングに参加しております♪ 人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

リンク
メールフォーム
ご意見・ご要望やお問い合わせはメールにて♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
blogram
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。